函館湯の川に温泉ホテル JA三井リース建物など21年に

2018年11月10日 07時00分

 JA三井リース建物(東京都中央区銀座8丁目13の1、工藤真樹社長)とサンケイビル(東京都千代田区大手町1丁目7の2、飯島一暢社長)が函館市湯川町で、温泉付きホテルの新設を共同で計画している。2019年春の着工、21年の開業に向けて設計中。周辺では、ルートインジャパン(本社・東京)のホテル新設計画があり、函館駅前だけでなく、温泉街の湯の川地区でも民間投資が活発化している。

 建設地は湯川町3丁目9の7の湯元ホテル入川跡地約4000m²で、北央産業が温泉付きのサービス付き高齢者向け住宅の新築を構想していた所。10月19日付でJA三井リース建物とサンケイビルに所有権が移転している。

 JA三井リース建物によると、道内で増加するインバウンド観光客の需要を見込めることから、ホテル用地として取得した。サンケイビルは函館駅近くの函館市大手町でも伊藤忠都市開発(本社・東京)などと共同で土地を取得。函館でのホテル事業を強めている。

 一方、ルートインジャパンは、根崎町65の2の敷地約2200m²を17年6月に取得した。客室250室のグランヴィリオホテル函館の新設を計画している。市内では「グランティア函館駅前」と「グランティア函館五稜郭」の都心型ビジネスホテルはあるが、リゾート型は初となる。

 このほか湯の川エリアでは、既存ホテルの耐震化に合わせ、ニーズに応えるための増改修などで宿泊客を呼び込む動きもあり、民間投資が熱を帯びている。


関連キーワード: 観光 道南

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • イイファス
  • 川崎建設
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

新幹線札樽トンネル、今秋から立坑掘削 札幌で工事開始
2019年04月22日 (3,716)
札幌駅前に新タワービル JR北海道が不動産事業を強化
2019年04月10日 (2,077)
ゼネコン18年度受注高 首位の岩田地崎、初の500億円台
2019年05月08日 (1,589)
札幌市民ホール 愛称は「カナモトホール」
2019年02月15日 (1,386)
再開発きっかけに病院の移転改築増加 札幌市内
2019年05月15日 (1,316)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第159回は「連休の後遺症」。体力的 な疲労と仕事のストレスが「五月病」 の正体です。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。