函館湯の川に温泉ホテル JA三井リース建物など21年に

2018年11月10日 07時00分

 JA三井リース建物(東京都中央区銀座8丁目13の1、工藤真樹社長)とサンケイビル(東京都千代田区大手町1丁目7の2、飯島一暢社長)が函館市湯川町で、温泉付きホテルの新設を共同で計画している。2019年春の着工、21年の開業に向けて設計中。周辺では、ルートインジャパン(本社・東京)のホテル新設計画があり、函館駅前だけでなく、温泉街の湯の川地区でも民間投資が活発化している。

 建設地は湯川町3丁目9の7の湯元ホテル入川跡地約4000m²で、北央産業が温泉付きのサービス付き高齢者向け住宅の新築を構想していた所。10月19日付でJA三井リース建物とサンケイビルに所有権が移転している。

 JA三井リース建物によると、道内で増加するインバウンド観光客の需要を見込めることから、ホテル用地として取得した。サンケイビルは函館駅近くの函館市大手町でも伊藤忠都市開発(本社・東京)などと共同で土地を取得。函館でのホテル事業を強めている。

 一方、ルートインジャパンは、根崎町65の2の敷地約2200m²を17年6月に取得した。客室250室のグランヴィリオホテル函館の新設を計画している。市内では「グランティア函館駅前」と「グランティア函館五稜郭」の都心型ビジネスホテルはあるが、リゾート型は初となる。

 このほか湯の川エリアでは、既存ホテルの耐震化に合わせ、ニーズに応えるための増改修などで宿泊客を呼び込む動きもあり、民間投資が熱を帯びている。


関連キーワード: 観光 道南

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • イイファス
  • 古垣建設
  • web企画

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

2019年1―2月にオープン ベガスベガス釧路店新築
2018年05月04日 (3,431)
コメリ札幌市内1号店 発寒に出店計画、来春着工へ
2018年10月22日 (3,311)
日本ハム新球場 北広島市内建設が正式決定
2018年10月31日 (3,205)
世界がまだ見ぬボールパークへ 新球場は延べ10万m²
2018年11月06日 (2,070)
札幌駅北口8・1再開発特定代行者 大成・伊藤JVを選定
2018年11月14日 (1,682)

連載・特集

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第147回は「酔いざめ」。水や睡眠で酔い覚ましは早まりません。飲酒運転にならぬよう気をつけてください。

連載 北海道遺産~開拓に貢献した宝物new

北海道遺産
先日選定された15件のうち6件を紹介します。

連載 道総研 研究・活動報告2018new

明日を支える
昨年に引き続き、北海道立総合研究機構建築研究本部の取り組みや課題を紹介します。