北海道遺産

北海道遺産 ①大友亀太郎と大友堀

2018年11月14日 17時00分

 北海道150年「創成川として今も残る」

 札幌の開拓は大友亀太郎による札幌村の開墾と用水確保を目的にした1866(慶応2)年の「大友堀」開削に始まる。堀は150年にわたり変遷を重ね遺構の多くが失われたが、一部は創成川として残り、東区の札幌村郷土記念館に残る史料とともに、本道開拓の足跡を今に伝える。

 明治維新で大友が去った後、新政府の島義勇は堀で街を東西に分け、渡島通(現・南1条通)と交わる今の創成橋たもとを起点に、道都建設を構想した。急速な都市化が進んだ今も、札幌のまちづくりは、二人の事績が原点になっている。

 本道が誇る次世代に引き継ぎたい「宝物」の北海道遺産。北海道命名150年となる2018年、新たに15件の遺産が選定された。開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介する。

北海道遺産 一覧へ戻る

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • 日本仮設
  • 古垣建設
  • オノデラ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

19年度から札幌市内の工事が本格化 北海道新幹線整備
2019年01月23日 (5,162)
北海道局長に和泉氏 開発局長は水島事業振興部長 国交省
2018年07月24日 (3,333)
道東道夕張―十勝清水間の4車線化へ道などが緊急要望
2019年01月25日 (2,549)
北4西18に複合施設 カレスサッポロが10月着工
2019年01月21日 (2,141)
サッポロテイセンボウルなど跡地に商業施設検討
2019年01月31日 (2,092)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第153回は「夢」。一日の記憶を整理 整頓して、脳の疲労を解消する役割を 持っています。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。