北海道遺産

北海道遺産 ①大友亀太郎と大友堀

2018年11月14日 17時00分

 北海道150年「創成川として今も残る」

 札幌の開拓は大友亀太郎による札幌村の開墾と用水確保を目的にした1866(慶応2)年の「大友堀」開削に始まる。堀は150年にわたり変遷を重ね遺構の多くが失われたが、一部は創成川として残り、東区の札幌村郷土記念館に残る史料とともに、本道開拓の足跡を今に伝える。

 明治維新で大友が去った後、新政府の島義勇は堀で街を東西に分け、渡島通(現・南1条通)と交わる今の創成橋たもとを起点に、道都建設を構想した。急速な都市化が進んだ今も、札幌のまちづくりは、二人の事績が原点になっている。

 本道が誇る次世代に引き継ぎたい「宝物」の北海道遺産。北海道命名150年となる2018年、新たに15件の遺産が選定された。開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介する。

北海道遺産 一覧へ戻る

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • 古垣建設
  • 北海道水替事業協同組合
  • イイファス

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌駅前に新タワービル JR北海道が不動産事業を強化
2019年04月10日 (4,272)
札幌市民ホール 愛称は「カナモトホール」
2019年02月15日 (2,583)
新幹線札樽トンネル、今秋から立坑掘削 札幌で工事開始
2019年04月22日 (2,419)
札幌・北4西3街区再開発 5月にも準備組合発足
2019年03月28日 (2,089)
札幌・北3東11周辺再開発 22年春全面開業へ
2019年04月16日 (1,843)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第158回は「サウナと二日酔い」。酔いを醒ます効果はなく、逆に心筋梗塞などを引き起こす危険があります。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。