「日本一目指し」梨木工業の古市さん 板金全国大会へ挑戦

2018年11月15日 15時00分

 ■第41回建築板金競技大会の道代表

 各種屋根工事を営む梨木工業(本社・苫小牧)の職長、古市友之さんが2019年2月に静岡県富士宮市で開催される第41回全国建築板金競技大会の技能競技の部に、道の代表として出場する。古市職長は「少しでも精度を上げて上位に入れるよう頑張る」と気を引き締めている。

 同大会は、19年2月23、24の両日、静岡県富士宮市の富士教育訓練センターで開催。技能競技の部の課題は「片手桶」。

 制限時間は4時間で、銅板(0・4×365×1212㍉)から製作に必要な部分を製図通りに切り出す。シンプルな形だからこそ、ゆがみのない美しい形が求められる。

上位入賞を目指し競技大会に挑む古市職長

 家族や梨木仁社長をはじめとするスタッフが一丸となって支える。ことし5月から仕事を終えた後、夜遅くまで課題の製作を繰り返してきた。

 古市職長は「普段扱っているのは、鉄やステンレス。銅板はなかなか扱う機会がないので、どうやったら形になるのか、本当に難しく感じた」と話す。

 競技は製図60点、製作400点の460満点。作業状態や作業姿勢、時間、外観、水漏れ、寸法の精度を採点する。ハンダ付けや、本体正面のバランス、目立つ傷がないかどうかなど美観も求められる。

 梨木社長は、大会で規定されている評価項目のほかに、独自にチェックシートを作って採点するほどの力の入れようだ。「ぜひ日本一になってほしい。極めなければならないことはまだまだたくさんあるが、全力を尽くして頑張って」とエールを送る。

 大会には全国から46人の精鋭が参加する予定。古市職長は「これまで培ってきた細工物が作れる腕を試したい」と、静かに闘志を燃やす。(苫小牧)


関連キーワード: 技能

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • 東宏
  • 北海道水替事業協同組合
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌駅前に新タワービル JR北海道が不動産事業を強化
2019年04月10日 (3,593)
札幌・北4西3街区再開発 5月にも準備組合発足
2019年03月28日 (3,113)
倶知安町が道新幹線駅周辺の整備構想案をまとめる
2019年03月19日 (2,925)
札幌・南2西7に112室のホテル ユニホー
2019年03月27日 (2,676)
札幌市民ホール 愛称は「カナモトホール」
2019年02月15日 (2,242)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第157回は「バーボン」。お勧めの飲み方はトウモロコシの香りが引き立つロックです。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。