NETIS特集2019

 11月18日の「土木の日」を契機に、最先端の土木技術であるNETIS(新技術情報提供システム)にスポットを当て、各社の登録技術を紹介する。

(3)ウィープホール機能再生ドレーン工法、ゴム輪付ウィープホール

2019年11月15日 11時57分

 ■ウィープホール機能再生ドレーン工法
登録番号:HK-110050-A(掲載期間終了)
 ■追加施工ウィープホール(ゴム輪付ウィープホール)
登録番号:HK-160016-A

コンクリート製開水路の浮上対策工法 特許第6165195号

【特徴】既設のコンクリート製開水路が、近年多発している集中豪雨時の背面水位の上昇により、浮上・破損する事故が懸念されている。

 これは、アンダードレーンやサイドドレーンの機能低下によるものであるが、機能の維持・再生が非常に困難であることから、対策が行われていない水路が多数存在する。

 そこで、既設用水路の壁面下部を削孔しウィープホールを追加・設置する工法を開発した。工法は3タイプあり、裏込め砂利の機能低下状況、背面土の土質、設置位置の部材厚などの現地調査を踏まえ、鋼管打ち込みタイプ、ゴム輪付集水管タイプのφ50とφ75の中から選定する。

 3タイプいずれも、ウィープホールを取り外して内部を洗浄することが可能で、特にゴム輪付集水管タイプについては丸ごと取り外しできるため、洗浄作業が容易で長期間の機能維持を可能としている。

【採用発注機関】北海道開発局/各土地改良区

問い合わせ先
株式会社北陽 北海道支社

〒007―0841
札幌市東区北41条東3丁目3番10号
陽和ビル
TEL 011‐711‐7105
FAX 011‐711‐2220
URL http://www.hokuyo-gr.co.jp/


NETIS特集2019 一覧へ戻る

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

北海道建設新聞社新卒・キャリア記者採用募集バナー
  • 川崎建設
  • 古垣建設
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

丸彦渡辺建設が31日付で清水建設の子会社に
2023年05月12日 (16,949)
上位50社、過去16年で最高額 22年度道内ゼネコ...
2023年05月11日 (8,592)
ラピダスの工場新築で関連企業から多数の問い合わせ
2023年05月25日 (6,989)
熊谷組JV、道新幹線トンネル工事で虚偽報告
2023年05月08日 (6,053)
砂川に複合型施設オープン シロの福永敬弘社長に聞く
2023年05月22日 (4,941)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 行政書士 new
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第31回「特に需要が増える繁忙期」。情勢を把握して適切な宣伝を行うと、新規顧客獲得につながるかもしれません。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第255回「内臓脂肪蓄積」。ポッコリお腹は悪性肥満、生活習慣の改善が必要です。

連載 ごみの錬金術師

ごみの錬金術師
廃ガラス製品を新たな姿に。道総研エネ環地研の稲野さんの研究を紹介。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第32回「確実に伝えたい色」。青と黄色は色覚に左右されにくい「伝える色」です。