NETIS特集2019

 11月18日の「土木の日」を契機に、最先端の土木技術であるNETIS(新技術情報提供システム)にスポットを当て、各社の登録技術を紹介する。

(3)ウィープホール機能再生ドレーン工法、ゴム輪付ウィープホール

2019年11月15日 11時57分

 ■ウィープホール機能再生ドレーン工法
登録番号:HK-110050-A(掲載期間終了)
 ■追加施工ウィープホール(ゴム輪付ウィープホール)
登録番号:HK-160016-A

コンクリート製開水路の浮上対策工法 特許第6165195号

【特徴】既設のコンクリート製開水路が、近年多発している集中豪雨時の背面水位の上昇により、浮上・破損する事故が懸念されている。

 これは、アンダードレーンやサイドドレーンの機能低下によるものであるが、機能の維持・再生が非常に困難であることから、対策が行われていない水路が多数存在する。

 そこで、既設用水路の壁面下部を削孔しウィープホールを追加・設置する工法を開発した。工法は3タイプあり、裏込め砂利の機能低下状況、背面土の土質、設置位置の部材厚などの現地調査を踏まえ、鋼管打ち込みタイプ、ゴム輪付集水管タイプのφ50とφ75の中から選定する。

 3タイプいずれも、ウィープホールを取り外して内部を洗浄することが可能で、特にゴム輪付集水管タイプについては丸ごと取り外しできるため、洗浄作業が容易で長期間の機能維持を可能としている。

【採用発注機関】北海道開発局/各土地改良区

問い合わせ先
株式会社北陽 北海道支社

〒007―0841
札幌市東区北41条東3丁目3番10号
陽和ビル
TEL 011‐711‐7105
FAX 011‐711‐2220
URL http://www.hokuyo-gr.co.jp/


NETIS特集2019 一覧へ戻る

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 川崎建設
  • イイファス
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,536)
コストコ 石狩湾新港に道内2店目を検討
2019年12月12日 (2,189)
道央道で高強度繊維補強コンの試験施工 東日本高速道路
2020年06月29日 (1,851)
明治、札幌工場敷地1.3万m²を売却へ 恵庭に新工場
2020年07月03日 (1,484)
道内の「開かずの踏切」 対策検討中は残り3カ所
2020年07月13日 (1,168)

連載・特集

連載 サハリン・スケッチnew

サハリン・スケッチ
稚内市サハリン事務所の三谷将所長に、四半期ごとの定期連載で現地の様子を伝えてもらいます。

連載 札幌市新幹部に聞く2020new

札幌市新幹部に聞く2020
4月1日付の人事異動で現ポストに就任した、新幹部4人に今後の抱負などを聞いた。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。