NETIS特集2019

 11月18日の「土木の日」を契機に、最先端の土木技術であるNETIS(新技術情報提供システム)にスポットを当て、各社の登録技術を紹介する。

(16)高性能重金属吸着材「インターフェイスSMV」

2019年11月15日 11時44分

登録番号:HK-120008-A

自然由来の重金属含有土対策に用いる吸着材

 本技術は、トンネル・河川・道路・ダムなどの建設現場で発生する自然由来の重金属含有土の吸着層工法に用いる吸着材で、重金属含有土の溶出特性に応じてマグネシウム系と鉄系が有る。

 新技術情報システムNETISに登録されている製品で、土壌汚染対策法に基づき、公共事業ならびに民間での重金属含有土対策工事で使用されている技術。本吸着材はプラス・マイナスのイオン反応で重金属を効率良く吸着するマグネシウム並びに鉄を主成分とした自然界の資材を使用しており、将来的に環境リスクが少なく多様な重金属含有土に対応が可能で安価で高性能な吸着材である。

 吸着層工法は、本吸着材を盛土(重金属含有土)下部の敷土に添加混合して吸着層を造成し盛土からの浸出水に含まれる重金属を吸着し、汚染の拡散を防止する技術である。

 特徴は、①重金属との反応性が良く、高い吸着性能であり少量添加で吸着効果を発揮し施工トータルコストを低減できる②反応速度が速いため、重金属を効果的に吸着する③紛体状で拡散性に優れ、添加後の吸着層は固化などの性状変化は無く施工性が良い。また、混合施工は敷土の性状に合わせて使用する汎用機械を多様に選択できる④不溶化工法にも対応可能で、含有土の特性・性状並びに現場条件に合わせて、多様な工法が可能である。

【採用発注機関】北海道開発局/北海道建設部

問い合わせ先
株式会社イーエス総合研究所

〒007-0895
札幌市東区中沼西5条1丁目8番1号
TEL 011‐791‐1651
FAX 011‐791‐5241
URL http://www.es-souken.co.jp/


NETIS特集2019 一覧へ戻る

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

再開発マップ(札幌版)
  • web企画
  • 東宏
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

ダクタイル鋳鉄管データ不正 十勝管内にも影響...
2022年01月14日 (5,385)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (3,461)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (3,318)
「アイアンショック」の足音 鋼材高値、リーマン前に...
2021年07月15日 (3,210)
冬季は除雪オペレーター 谷組が女性従業員3人を通年...
2022年01月16日 (2,682)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第223回は「感染第6波」。ワクチンの追加接種が広がるまで、対策徹底を。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第16回「吉祥文様で良い一年を」。縁起の良い模様に背中を押してもらうのはどうでしょう。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第15回「事業拡大と補助者制度」自分以外でもできる仕事を人に任せながら、事業拡大について考えています。