NETIS特集2018

(12)ITK式相取工法

2018年11月16日 11時48分

登録番号:HK-080005-A

省スペースと強固な足場で急傾斜と高さに挑戦

【特徴】2台の定置式クレーンとH鋼足場で他方のクレーンや資材の相取りを繰り返し、クレーンのブームが届かないような急傾斜地の上方や左右の箇所で工事を有利に進めることができる技術。大型クレーンを置くことができない狭い現場でも地下水の排水や抑止工、アンカー工などの施工を容易にする。

 2006年2月に「傾斜地における工事の施工方法」として特許を取得。同年5月にNETISに登録された。北海道建設部や水産林務部を中心に災害の予防や復旧工事で多くの実績を持ち、高い評価を受けている。

ITK式相取工法 1台のジブクレーンと2台の定置式クレーン、H鋼足場を基本セットとし、ブームの到達距離の上方に水平の足場を組み、資材を相互に揚げていくことで際限なく上方部の施工箇所に到達できる。通常の急傾斜工事は単管パイプで仮設足場を組み立てるが、ITK式相取工法では、強度を上げるためにH形鋼(H-100×100mm)を活用。基礎は大口径ボーリングにモルタルを注入し、揺れやひねりのない強固な足場を実現した。

 従来、急傾斜地での工事は、移動式の大型クレーンを使用するための設置スペースが必要だったが、本工法は設置スペースがない現場にも適している。住宅が近接している傾斜地などでも住宅に影響を与えることなく施工が可能だ。

【採用発注機関】室蘭開発建設部/札幌建設管理部/小樽建設管理部/函館建設管理部/室蘭建設管理部/旭川建設管理部/留萌建設管理部/帯広建設管理部/釧路建設管理部/稚内建設管理部/北海道水産林務部

問い合わせ先
株式会社伊丸特殊工事

〒003-0859
札幌市白石区川北2312番24
TEL 011‐872‐6766
FAX 011‐872‐6798
URL http://www.imaru-tk.jp


NETIS特集2018 一覧へ戻る

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • 古垣建設
  • イイファス
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌駅前に新タワービル JR北海道が不動産事業を強化
2019年04月10日 (2,141)
ゼネコン18年度受注高 首位の岩田地崎、初の500億円台
2019年05月08日 (1,985)
再開発きっかけに病院の移転改築増加 札幌市内
2019年05月15日 (1,764)
新幹線札樽トンネル、今秋から立坑掘削 札幌で工事開始
2019年04月22日 (1,629)
札幌駅南口北4西3再開発 23日に準備組合設立
2019年05月17日 (1,506)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第160回は「熱中症予防」。水が体に 吸収されるには時間がかかります。喉 が乾く前に水分補給を。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。