NETIS特集2019

 11月18日の「土木の日」を契機に、最先端の土木技術であるNETIS(新技術情報提供システム)にスポットを当て、各社の登録技術を紹介する。

(12)エコクレーン、デジタル式荷重計付クレーン

2019年11月15日 11時48分

 ■エコクレーン
登録番号:HK-100026-VE
 ■デジタル式荷重計付クレーン
登録番号:HK-180006-A

エコポンプ・システムで省エネ、クリーン効果/正確なつり荷重の常時見える化を実現

エコクレーン【エコクレーンの特徴】技術名称「エコクレーン」で登録したトラック架装用ユニッククレーンは、1つのエンジンに2つの油圧ポンプ(ダブルポンプ)を搭載した「エコポンプ・システム」が特長。「エコポンプ・システム」は、エンジンの低回転時には1つのポンプの油のみを使用して駆動トルクを抑え、回転上昇時は2つのポンプの油を合流して使用する仕組みであり、2つのポンプをエンジン回転数に応じて制御することで、省エネ(燃料消費量削減)、クリーン(排出ガス削減)、サイレント(作業時騒音低減)の3つの効果をもたらしている。NETIS登録機種はダブルポンプを搭載したトラック架装用ユニッククレーン(一部機種を除く)となり、省エネ効果などは機種によって異なるが、古河ユニックでは従来技術と比べた燃量消費削減量および排出ガス削減量を最大27~40%、作業時の騒音値(最大値)低減を最大1~4デシベルと試算。中型トラック架装用クレーンの場合、1日3時間、年間250日稼働すると、年間約20万円の節約(軽油価格1ℓ当たり126円で計算)になるとしている。

【デジタル式荷重計付クレーンの特長】技術名称「デジタル式荷重計付クレーン」で登録したトラック架装用ユニッククレーンは、フックにつり下げた荷の正確な質量を、デジタル式荷重計を用いて容易に確認できるようにしたことが特長。従来の油圧式荷重計を用いての測定では必要であった複雑確認作業が不要となり、荷役作業時間の削減が期待できる。また、油圧式荷重計と比較して測定荷重の正確性も向上しており、オーバーロード防止の役割も期待できるとしている。

問い合わせ先
古河ユニック株式会社 札幌営業所

〒007-0882
札幌市東区北丘珠2条2丁目20-7
TEL 011‐787‐3200
FAX 011‐787‐3201
URL http://www.furukawaunic.co.jp/


NETIS特集2019 一覧へ戻る

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

再開発マップ(札幌版)
  • 古垣建設
  • 北海道水替事業協同組合
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

ダクタイル鋳鉄管データ不正 十勝管内にも影響...
2022年01月14日 (5,385)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (3,461)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (3,318)
「アイアンショック」の足音 鋼材高値、リーマン前に...
2021年07月15日 (3,210)
冬季は除雪オペレーター 谷組が女性従業員3人を通年...
2022年01月16日 (2,682)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第223回は「感染第6波」。ワクチンの追加接種が広がるまで、対策徹底を。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第16回「吉祥文様で良い一年を」。縁起の良い模様に背中を押してもらうのはどうでしょう。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第15回「事業拡大と補助者制度」自分以外でもできる仕事を人に任せながら、事業拡大について考えています。