大成建設と随交 元生会旭川・森山病院新築

2018年11月16日 07時00分

 医療法人社団元生会(旭川市8条通6丁目左10、森山領理事長)は15日、仮称・旭川ウェルネスセンターの中核施設となる森山病院新築の条件付き一般競争入札をした。3回の札入れで予定価格を超過したため、最低札の大成建設と随交に入った。12月上旬の着工に間に合うよう協議を進め、契約を結びたい考えだ。

 法人所在地にあり老朽化が進む森山病院を旭川北彩都地区の旭川市宮下通2条1丁目2の敷地1万7500m²に移転新築する。

 規模はRC一部S造、地下1地上8階、延べ1万6603m²。病床数は232床を予定し、駐車場は200台程度用意する。実施設計は久米設計・柴滝建築設計共同体が担当。工期は、本体が2020年3月末、外構が6月末までを予定している。

 施工業者の選定に当たっては、落札者が代表者となって特定共同体を結成する入札後共同体結成方式を採用。代表者以外の構成員は上川管内に本店を有し、直近の経審総合評点の建築が900点以上であることを求めている。

 入札には大成建設と戸田建設が参加。3回目の最低札は53億8800万円だった。


関連キーワード: 医療福祉

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • 川崎建設
  • 東宏
  • 古垣建設

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

19年度から札幌市内の工事が本格化 北海道新幹線整備
2019年01月23日 (5,137)
北海道局長に和泉氏 開発局長は水島事業振興部長 国交省
2018年07月24日 (3,354)
道東道夕張―十勝清水間の4車線化へ道などが緊急要望
2019年01月25日 (2,540)
北4西18に複合施設 カレスサッポロが10月着工
2019年01月21日 (2,301)
サッポロテイセンボウルなど跡地に商業施設検討
2019年01月31日 (2,074)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第153回は「夢」。一日の記憶を整理 整頓して、脳の疲労を解消する役割を 持っています。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。