北海道遺産

北海道遺産 ③集治監

2018年11月19日 15時00分

北海道150年「釧路分監は町の文化財」

 明治時代、道内には樺戸を皮切りに空知と釧路、網走、十勝に集治監が建てられた。政府が士族蜂起による懲役囚の急増に苦慮していたためだ。囚人は鉱山の開発や道路の開削、橋梁工事などの外役に従事し、道路や鉄道をはじめ、未開拓地の多かった北海道の開拓に大きく関わった。

 囚人らは空知と樺戸では現在の国道12号の建設、釧路ではアトサヌプリでの硫黄採掘などに当たった。標茶町にある釧路分監は、1886年に建てられた。集治監、軍馬補充部、高校、郷土館と役割を変え、現在は町の文化財となっている。


北海道遺産 一覧へ戻る

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

経審データ販売
  • 川崎建設
  • 東宏
  • 北海道水替事業協同組合

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌都心アクセス道路 全線トンネル案が再浮上
2019年10月29日 (3,899)
きのとや、札幌・清田に新店舗 完成は11月中旬
2019年06月08日 (3,617)
旭川紋別自動車道の遠軽瀬戸瀬―遠軽間 12月21日開通
2019年10月28日 (2,035)
仁木IC開通に向けて仁木町が観光拠点づくりを検討
2019年10月23日 (1,655)
札幌市のアクションプラン 事業費は4年間で1兆円
2019年10月23日 (1,433)

連載・特集

特集 NETIS特集2019new

NETIS特集2019
「土木の日」を契機に最先端の土木 技術であるNETISに焦点を当て、 各社の登録技術を紹介します。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 釧根で輝く女性たち

釧根で輝く女性たち
釧根管内で活躍する女性技術者に、 この道に入ったきっかけや、会社へ の要望などを聞いた。