JR苗穂駅新駅舎が開業 橋上化、再開発動きだす

2018年11月17日 12時00分

 移転・橋上化を進めてきたJR苗穂駅の新駅舎が17日、開業した。駅北口開設の要望から30年近くが経過し、鉄道で分断された南北エリアがようやくつながった。駅舎移転に伴い、周辺ではタワーマンションや商業施設など大規模再開発も本格化しており、まちづくりの発展が期待される。(関連記事10面に)

 1935年に完成した旧苗穂駅は16日で役目を終え、西側約300mに改築した新駅舎に機能を移した。れんがとガラスを特徴とする外観に生まれ変わり、地上駅から橋上駅舎となった。構内の改札を抜けた真正面は一面ガラス張りとなり、行き交う列車や、北海道遺産に選ばれたJR苗穂工場の景色を展望できる。

16日の新駅舎完成イベントで関係者らがテープカットした

 駅北口と南口がつながったことで、交流人口の増加が見込まれる。既に北側では大規模な再開発が動きだし、大京、住友不動産、JR北海道よる27階のタワーマンションが着工。商業施設や病院などの計画も進む。

 南側でも、25階建ての商業施設付き共同住宅や27階建ての商業・医療施設付き共同住宅などの再開発が予定され、新駅舎周辺の景観は今後、様変わりしていく。


関連キーワード: さっぽろ圏 鉄道

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • 古垣建設
  • オノデラ
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

美唄富良野線 東美唄トンネルが貫通
2019年03月01日 (5,174)
札樽道新川付近の渋滞解消で、新たな降り口など構想
2019年02月27日 (2,548)
ディノス札幌中央ビル、売却を検討 タツミプランニング
2019年03月13日 (2,150)
19年度から札幌市内の工事が本格化 北海道新幹線整備
2019年01月23日 (1,931)
定山渓グランドホテル瑞苑建て替え 20年春に着工
2019年02月28日 (1,851)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第155回は「リンゴ健康法」。医者を 遠ざける、と言われるように、肥満や がん予防の効果が期待できます。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。