未来を担う ワカモノの思い…

未来を担うワカモノの思い 三城 松本純一さん

2018年11月21日 07時00分

頼られるサービスマンに

松本純一(まつもと じゅんいち)さん

 「会社では最高のサービスマン、家庭では格好よく楽しいオヤジになりたい」

 1994年7月、倶知安町生まれの24歳。大学を卒業し、オフィス用品販売の三城(本社・札幌)に入社した。就職活動で会社選びの軸としたのが、家庭を持ったときの働き方イメージだ。土日休みで転勤のない会社―。そうした条件に同社が当てはまり、縁あって社員になった。

 総合職での採用だったが、子どものころから機械いじりが好きだったという一面もあって、今はカスタマーサポート課に所属している。オフィス複合機の点検や修理が主な仕事だが、ネットワーク構築などの業務もこなし、ハードとソフトの両面から顧客を支える。

 会社が求める〝お客さまの役に立つサービスマン〟を念頭に、顧客とのコミュニケーションを大切にしながら、細やかなサポートを心掛けている。客先で掛けられる「来てくれてありがとう」「直してくれてありがとう」の言葉が、何より励みになるという。

 自身が抱く社会人像は、父・拓(たく)さんの影響が大きい。パソコンが趣味で、生活の中には幼少期からWindowsがあった。勤め先は週休2日制で、土日はキャッチボールをしてくれた。そうした温かく優しい父親の記憶が今も鮮明に残っている。

 社会人2年目。「ニーズに合った対応を心掛け、お客さんから頼られるサービスマン」が理想像だ。「30歳までに家庭を持ち、仕事も家庭も充実できると最高」とビジョンを話す。


未来を担う ワカモノの思い… 一覧へ戻る

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • 東宏
  • オノデラ
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

美唄富良野線 東美唄トンネルが貫通
2019年03月01日 (5,443)
倶知安町が道新幹線駅周辺の整備構想案をまとめる
2019年03月19日 (3,845)
札樽道新川付近の渋滞解消で、新たな降り口など構想
2019年02月27日 (2,770)
ディノス札幌中央ビル、売却を検討 タツミプランニング
2019年03月13日 (2,287)
定山渓グランドホテル瑞苑建て替え 20年春に着工
2019年02月28日 (1,996)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第155回は「リンゴ健康法」。医者を 遠ざける、と言われるように、肥満や がん予防の効果が期待できます。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。