動きやすく美しい女性用作業服 ケイズネットワークが提案

2018年11月22日 12時00分

 なりふり構って仕事をしよう―。レンタルユニフォームを扱うケイズネットワーク(本社・札幌)は20日、建設業と農業の現場で働く女性向け作業服の展示会を同社で開いた。機能性やデザイン性に優れた4メーカーの最新作業服を披露した。

 現場で働く女性の中には、適した作業服があてがわれず、男性サイズの作業服を着用している人もいる。同社は全社員が女性で、細やかな提案ができるのが強みだ。各人に最適な作業服を提案することで、働く女性を応援したいと考え、昨年8月に続いて展示会を開いた。

 最近の女性用作業服のトレンドは、普段使いもできるような「カジュアルさ」と「動きやすさ」、「シルエットの美しさ」が備わっているもの。従来型の作業服は〝ダボッ〟としたイメージがあるが、不格好にならない、すっきりとしたデザインが求められる傾向にあるという。

 展示会では、ボンマックス(本社・東京)が展開するブランド「ROCKY」の「デニムフライトジャケット」などを紹介。流行のデニム地を使用していて、洗い方によって濃淡が異なる3種類を展開している。ストレッチが入っていて動きやすく、スリムに見えるよう工夫が施されている。縮み・型崩れ防止機能を備え、家庭で洗濯しても安心だ。

OXFORDシリーズなど機能性やデザイン性に優れた作業服を展示した

 「OXFORD」シリーズは、袖や腰ポケット部の赤いアクセントカラーがポイント。ユニセックスだが、「WS(女性用Sサイズ)」など小柄な女性にぴったりのサイズも用意している。

 藤和(本社・広島県福山市)の「メガヒート」は人気が高い。防水・防寒性に優れ、カラーバリエーションの一つとして、目を引くレッドを展開している。裏地にアルミの素材を使用。保湿性と、衣服にこもった汗の水蒸気をすばやく体外へ放出する透湿性を併せ持つ。

 ケイズネットワークの佐藤里沙ユニフォームプランナーは「女性は着る物で意識が変わると思う。身だしなみをしっかりと整えて、気持ちよくお仕事をしてみては」と話していた。


関連キーワード: けんせつ小町

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • オノデラ
  • 東宏
  • イイファス

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌駅前に新タワービル JR北海道が不動産事業を強化
2019年04月10日 (2,152)
ゼネコン18年度受注高 首位の岩田地崎、初の500億円台
2019年05月08日 (1,971)
再開発きっかけに病院の移転改築増加 札幌市内
2019年05月15日 (1,744)
新幹線札樽トンネル、今秋から立坑掘削 札幌で工事開始
2019年04月22日 (1,662)
札幌駅南口北4西3再開発 23日に準備組合設立
2019年05月17日 (1,492)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第160回は「熱中症予防」。水が体に 吸収されるには時間がかかります。喉 が乾く前に水分補給を。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。