江別蔦屋書店オープン 飲食など17テナントが出店

2018年11月21日 20時00分

 北海道TSUTAYA(本社・札幌)は21日、江別市牧場町に大型複合書店「江別蔦屋書店」を開店した。道内では函館に続き2店舗目。飲食店やアウトドア用品店など17のテナントが出店している。

 上質な時間と空間の提案をテーマに、北海道の人気ショップが入る「食」の棟、書籍とコーヒーが楽しめる「知」の棟、アウトドアやインテリアショップなどが出店する「暮らし」の棟からなる。

 20日の内覧会で梅谷知宏社長は「多くの方に来ていただける場所になる。地域の特性に合ったお店を一緒につくりたい」と抱負を語った。設計を担ったヒココニシアーキテクチュアの小西彦仁社長は「建物に使ったれんがは全て江別産。実際は3棟だが外観は5棟が寄り添っているように見える。人々が寄り添える場になってほしい」と思いを語った。

店内は吹き抜けで書棚が2階まで続いている

 江別市の三好昇市長は「4つの大学がある文教の町だが、大きな書店がなかった。文化を伝える、江別の生活に合ったお店になれば」と期待を述べた。

 店舗は北海道TSUTAYAとパッシブホーム(札幌市北区北21条西12丁目、川多弘也社長)が共同出資で設立したアイビーデザインが運営する。

 営業時間は午前8時から午後11時まで。年中無休。


関連キーワード: さっぽろ圏 商業

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 北海道水替事業協同組合
  • web企画
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (13.2k)
自動運転車と鉄道を併用 第二青函トンネルJAPIC...
2020年11月05日 (4k)
20年度内開通へ急ピッチ 函館新外環状道路空港道路...
2020年11月21日 (1.9k)
コロナに揺れるニセコ 試練のリゾート開発(下)可能...
2021年01月06日 (1.7k)
道東道占冠―トマムIC間19.9kmで4車線化の準...
2021年01月14日 (1.5k)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第199回は「ワクチン」。ウイルスの増殖を抑え、感染の連鎖を断ち切るのが役割です。

連載 本間純子
いつもの暮らし便
new

本間純子 いつもの暮らし便
第4回「ピクチャーウインドーの『冬の風景展』」殺風景に見える雪の景色も、注意して見れば様々な色彩に溢れています。

連載 コロナに揺れるニセコ 試練のリゾート開発

コロナに揺れるニセコ 試練のリゾート開発
新型コロナウイルスが世界経済に深刻な打撃を与えた2020年。道内屈指の国際リゾート地・ニセコで進む開発プロジェクトの現状を追った。