江別蔦屋書店オープン 飲食など17テナントが出店

2018年11月21日 20時00分

 北海道TSUTAYA(本社・札幌)は21日、江別市牧場町に大型複合書店「江別蔦屋書店」を開店した。道内では函館に続き2店舗目。飲食店やアウトドア用品店など17のテナントが出店している。

 上質な時間と空間の提案をテーマに、北海道の人気ショップが入る「食」の棟、書籍とコーヒーが楽しめる「知」の棟、アウトドアやインテリアショップなどが出店する「暮らし」の棟からなる。

 20日の内覧会で梅谷知宏社長は「多くの方に来ていただける場所になる。地域の特性に合ったお店を一緒につくりたい」と抱負を語った。設計を担ったヒココニシアーキテクチュアの小西彦仁社長は「建物に使ったれんがは全て江別産。実際は3棟だが外観は5棟が寄り添っているように見える。人々が寄り添える場になってほしい」と思いを語った。

店内は吹き抜けで書棚が2階まで続いている

 江別市の三好昇市長は「4つの大学がある文教の町だが、大きな書店がなかった。文化を伝える、江別の生活に合ったお店になれば」と期待を述べた。

 店舗は北海道TSUTAYAとパッシブホーム(札幌市北区北21条西12丁目、川多弘也社長)が共同出資で設立したアイビーデザインが運営する。

 営業時間は午前8時から午後11時まで。年中無休。


関連キーワード: さっぽろ圏 商業

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 川崎建設
  • 日本仮設
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

大林組、過去最高の690億円 19年度ゼネコン道内受注高
2020年05月07日 (2,234)
コストコ石狩倉庫店 21年春開業へ
2020年04月24日 (1,471)
ススキノラフィラ 20年5月に閉店 新ビルに建て替えへ
2019年10月18日 (1,439)
北海道新幹線のトンネル掘削は4.6万m、進捗率27%
2020年05月21日 (1,080)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思い
2020年04月14日 (1,003)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第183回は「ウイルスの弱点」。新型 コロナウイルスは石鹸で死滅します。 手洗いは有効な感染防止策です。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 大都市圏を狙う
カナモトの挑戦

大都市圏を狙う カナモトの挑戦
道内最大手のさらなる成長の鍵となる 〝ゼネラル・レンタルカンパニー〟の 展望を追いました。