江別蔦屋書店オープン 飲食など17テナントが出店

2018年11月21日 20時00分

 北海道TSUTAYA(本社・札幌)は21日、江別市牧場町に大型複合書店「江別蔦屋書店」を開店した。道内では函館に続き2店舗目。飲食店やアウトドア用品店など17のテナントが出店している。

 上質な時間と空間の提案をテーマに、北海道の人気ショップが入る「食」の棟、書籍とコーヒーが楽しめる「知」の棟、アウトドアやインテリアショップなどが出店する「暮らし」の棟からなる。

 20日の内覧会で梅谷知宏社長は「多くの方に来ていただける場所になる。地域の特性に合ったお店を一緒につくりたい」と抱負を語った。設計を担ったヒココニシアーキテクチュアの小西彦仁社長は「建物に使ったれんがは全て江別産。実際は3棟だが外観は5棟が寄り添っているように見える。人々が寄り添える場になってほしい」と思いを語った。

店内は吹き抜けで書棚が2階まで続いている

 江別市の三好昇市長は「4つの大学がある文教の町だが、大きな書店がなかった。文化を伝える、江別の生活に合ったお店になれば」と期待を述べた。

 店舗は北海道TSUTAYAとパッシブホーム(札幌市北区北21条西12丁目、川多弘也社長)が共同出資で設立したアイビーデザインが運営する。

 営業時間は午前8時から午後11時まで。年中無休。


関連キーワード: さっぽろ圏 商業

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • イイファス
  • 東宏
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

新幹線札樽トンネル、今秋から立坑掘削 札幌で工事開始
2019年04月22日 (3,716)
札幌駅前に新タワービル JR北海道が不動産事業を強化
2019年04月10日 (2,077)
ゼネコン18年度受注高 首位の岩田地崎、初の500億円台
2019年05月08日 (1,589)
札幌市民ホール 愛称は「カナモトホール」
2019年02月15日 (1,386)
再開発きっかけに病院の移転改築増加 札幌市内
2019年05月15日 (1,316)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第159回は「連休の後遺症」。体力的 な疲労と仕事のストレスが「五月病」 の正体です。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。