ばら積み貨物で競争力確保 釧路港国際物流ターミナル公開

2018年11月24日 15時00分

 釧路開建は21日、釧路港西港区第2ふ頭で同開建などが整備を進めていた釧路港国際物流ターミナル(国際バルク戦略港湾)を公開した。沖合150mの位置に整備されたマイナス14m岸壁には巨大なアンローダーが稼働の時を待っていた。

マイナス14m岸壁に設置されたアンローダー

 国際バルク戦略港湾は、船舶の大型化が進み穀物などのバルク(ばら積み)貨物分野で国際的競争力を確保するため、パナマックス級など大型船舶に対応した施設を集中的に整備する成長戦略の一環で、釧路港は2011年度に指定を受けた。

 同開建が整備した延長300mのマイナス14m岸壁は、工場で製作した鋼管トラス構造の部品を現地で鋼管杭にかぶせるジャケット式を採用。ジャケットにはさびや腐食を防ぐための金属被覆と超厚膜型塗装を採用した。さらに、床版は部品交換時の荷役停止を回避するため、防錆(ぼうせい)効果の高い炭素繊維複合材を用いた。

 釧路市と港湾利用事業者などで組織する第三セクターの釧路西港開発埠頭が担当したアンローダーは、定格荷揚げ能力が1時間当たり800㌧で、同ふ頭で創業しているサイロに接続し、雨風にさらされないシステムとした。また、大規模地震発生時にターミナル機能の速やかな復旧・再開を図るため、免震装置を装備している。


関連キーワード: 港湾 物流 開発局

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • web企画
  • 古垣建設
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌円山整形外科、病院改築を5月末着工へ🔒
2022年03月14日 (3,581)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (2,781)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,348)
モントレ札幌、10月末閉館 新ビル含め利活用検討
2022年08月26日 (2,242)
札幌円山整形外科、隣接地で病院改築🔒
2021年08月02日 (2,129)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 盛り上がれ
ワーケーションnew
函館市の事例から

盛り上がれワーケーション~函館市の事例から~
函館市で加速するワーケーションの動き。継続的なものにするため企業双方に求められる条件を探る。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第239回「がんと運動」。1日20分のウォーキングでも、始めたその時から効果が。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第24回「手描きパースの不思議」。イメージを伝える際に、手描きならではのお得な側面も。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第23回「モヤモヤ課題解決方法」直面した課題を言語化することが、解決への道となります。