北海道遺産

北海道遺産 ⑥増毛、濃昼山道

2018年11月26日 12時00分

北海道150年「歴史に埋もれた道 復元」

 石狩―留萌をつなぐ増毛山道と濃昼(ごきびる)山道は江戸時代後期、帝政ロシアに対する北方警備のため箱館奉行所の命令でニシン漁を行う場所請負人が私費で開削した。北海道の名付け親である松浦武四郎が「蝦夷地第一の出来栄え」と評した希少な山道でもある。

 しかし、昭和初期に駅逓が廃止されると一気に廃れクマイザサに埋もれていった。平成に入り存在を知った有志により濃昼山道は一部が復元保存され、増毛山道はNPO法人増毛山道の会などの手で10年の歳月を経て2016年10月16日に全32㌔が完全復元された。(おわり)


北海道遺産 一覧へ戻る

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

経審データ販売
  • 北海道水替事業協同組合
  • イイファス
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌都心アクセス道路 全線トンネル案が再浮上
2019年10月29日 (3,899)
きのとや、札幌・清田に新店舗 完成は11月中旬
2019年06月08日 (3,617)
旭川紋別自動車道の遠軽瀬戸瀬―遠軽間 12月21日開通
2019年10月28日 (2,035)
仁木IC開通に向けて仁木町が観光拠点づくりを検討
2019年10月23日 (1,655)
札幌市のアクションプラン 事業費は4年間で1兆円
2019年10月23日 (1,433)

連載・特集

特集 NETIS特集2019new

NETIS特集2019
「土木の日」を契機に最先端の土木 技術であるNETISに焦点を当て、 各社の登録技術を紹介します。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 釧根で輝く女性たち

釧根で輝く女性たち
釧根管内で活躍する女性技術者に、 この道に入ったきっかけや、会社へ の要望などを聞いた。