地滑りや倒壊、予兆を迅速検知 エコモットのセンサー

2018年11月30日 15時00分

 エコモット(本社・札幌)は、広い範囲の地滑りや構造物倒壊の予兆を迅速に検知できるIoT傾斜センサーを開発した。土砂災害の発生が懸念される急傾斜地崩壊危険箇所での観測をはじめ、土木現場での土留め鋼矢板、作業用足場、仮囲いといった仮設構造物の傾きを検知する用途を見込む。12月21日から提供を開始する。

傾きの検出を必要とする幅広い場面で活用できる

 複数台の子機が収集したデータを、無線接続した親機に集約して4G LTE回線でクラウドに送る構成。親機を中心とした半径数百mの範囲で、複数子機による多点同時観測を実現した。地滑りの発生や構造物倒壊の予兆を面で捉える。

 親機と子機間の通信にLPWA(LoRa)を採用。通信コストと消費電力を抑えた。子機による高精度の観測を単三電池2本で約1年間続けられる。

 子機本体の下部に備えたボタンで、現地で簡単にキャリブレーションが可能だ。運用開始後の設置箇所変更にも柔軟に対応する。子機は個別のIDで識別できる。1台の親機に対して最大で50台まで接続可能で、異常発生箇所の特定が容易になる。


関連キーワード: 災害

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • オノデラ
  • イイファス
  • 日本仮設

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

19年度から札幌市内の工事が本格化 北海道新幹線整備
2019年01月23日 (5,134)
北海道局長に和泉氏 開発局長は水島事業振興部長 国交省
2018年07月24日 (3,365)
道東道夕張―十勝清水間の4車線化へ道などが緊急要望
2019年01月25日 (2,538)
北4西18に複合施設 カレスサッポロが10月着工
2019年01月21日 (2,379)
サッポロテイセンボウルなど跡地に商業施設検討
2019年01月31日 (2,069)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第153回は「夢」。一日の記憶を整理 整頓して、脳の疲労を解消する役割を 持っています。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。