「屋根型林道」普及へ 北見工大模擬実験スタート

2018年12月01日 18時00分

 北見工大のオホーツク農林水産工学連携研究推進センターの副センター長である川口貴之准教授は28日、旧北見競馬場跡地にある同大オホーツク地域創生研究パークで欧州型の屋根型林道を道内に普及させるため、学生とともに完成した模擬林道で実験を開始した。路線の中央を三角屋根のように盛り土する模擬林道での実験は日本で初めてとなる。

■中央を三角盛り土、水はけ良く

 同センターは、ことし7月に設立。担い手不足などに悩む道内1次産業の課題解決に向け、産学官が手を取り合いICT化やロボット化に向けた研究に取り組んでいる。

 屋根型林道は、路線中央部から敷き詰めた砂利が左右に10%ずつ勾配している道路。欧州では一般的だが、日本は標準仕様ではなく、国内には本道の鶴居村をはじめ、岐阜、長崎、鳥取県で導入事例があるのみ。

 日本のフラット型林道に比べ中央部が盛り上がっていることから、雨水が左右に流れるため水はけが良く維持管理が容易になる。車両の通行もスムーズになり効率的な森林施業が期待できる。

 川口准教授は昨年から、国内で初めて屋根型林道を整備した鶴居村で含水率の調査を進めている。普及に向け、屋根型林道のメリットを数値として算出するためだ。

 模擬林道は、屋根型とフラット型の2コースを整備した。延長はともに30mで、幅員は一般的な規格である4mを確保した。川口准教授は「屋根型林道の良さを知ってもらえるきっかけになってほしい。山に手を掛けることは防災にもつながる」と期待を込める。美幌貨物自動車(美幌)が2週間かけ施工した。

散水機で水はけの違いを調査する

 実験は散水機で水をまいた上で、屋根型とフラット型の下に埋め込まれたセンサーで含水率を比較する。屋根型では車両走行部に路盤の補強効果がある高密度ポリエチレン製のジオセルを設置したパターン、フラット型では雨で道路が削られる雨裂防止にジオセルを埋設したパターンの検証も進める。

 実験に参加した社会環境工学科4年の館林雅治さんは「実験は気候に左右される。含水率が高くなる春先にどのような結果が出るか注目している」と話している。

 屋根型林道を所有管理する鶴居村を含む全国4自治体は昨年、屋根型みちづくり協議会を設立。全国での普及を図る一環として、2019年には会員が来道し、鶴居村や北見工大の模擬林道を視察し意見交換する。


関連キーワード: 学校 新技術

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 日本仮設
  • オノデラ
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (13.2k)
自動運転車と鉄道を併用 第二青函トンネルJAPIC...
2020年11月05日 (4k)
20年度内開通へ急ピッチ 函館新外環状道路空港道路...
2020年11月21日 (1.9k)
コロナに揺れるニセコ 試練のリゾート開発(下)可能...
2021年01月06日 (1.7k)
道東道占冠―トマムIC間19.9kmで4車線化の準...
2021年01月14日 (1.5k)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第199回は「ワクチン」。ウイルスの増殖を抑え、感染の連鎖を断ち切るのが役割です。

連載 本間純子
いつもの暮らし便
new

本間純子 いつもの暮らし便
第4回「ピクチャーウインドーの『冬の風景展』」殺風景に見える雪の景色も、注意して見れば様々な色彩に溢れています。

連載 コロナに揺れるニセコ 試練のリゾート開発

コロナに揺れるニセコ 試練のリゾート開発
新型コロナウイルスが世界経済に深刻な打撃を与えた2020年。道内屈指の国際リゾート地・ニセコで進む開発プロジェクトの現状を追った。