クルーズ船用の旅客ターミナル新設 函館港若松ふ頭に

2018年12月03日 12時00分

 函館市は、函館港若松ふ頭に道内初のクルーズ船用の旅客ターミナルを新設する。CIQ(税関・出入国管理・検疫)手続きや観光案内機能を備えた平屋建て、延べ1200m²規模を建設する計画。用地買収などの諸経費を含む総事業費は約14億円を見込む。2019年度に基本設計に着手し、専用岸壁が全面供用(最大11万㌧級対応)する22年度の供用開始を目指す。

 事業用地は、10月に暫定供用(最大4万㌧級対応)した専用岸壁近くの約9700m²。JR北海道が、観光バスや社員用の駐車場として所有している。既に用地買収の協議を進めており、早ければ19年度に契約を結ぶ。

 ターミナル内部は、CIQ業務に必要なカウンターをはじめ、観光案内デスク、洋式トイレ、事務室、備品庫などを配置。施設の周囲にはタクシーと乗船客専用の観光バスの待機場19台なども設け、利便性を高める。

 関連予算は19年4月に市長選を控えているため、6月補正での計上となる見通し。用地交渉や設計の動向次第だが、21年度までの本格着工が見込まれる。

 これまで函館港に寄港するクルーズ船のCIQ手続きは、船内の通路やホールで実施。利便性の悪さや検査機材の設置などで時間を要していた。また、天候に左右されない待合所の確保も課題に挙がっていた。

 全国の港では、乗船客の利便性向上を図るターミナル整備が進む。函館港には19年度、50隻を超える過去最多のクルーズ船寄港が予定され、市は旅客の利便性と快適性が高まるターミナル整備を急務と判断した。


関連キーワード: 港湾 観光 道南

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • 東宏
  • 北海道水替事業協同組合
  • 日本仮設

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

19年度から札幌市内の工事が本格化 北海道新幹線整備
2019年01月23日 (5,134)
北海道局長に和泉氏 開発局長は水島事業振興部長 国交省
2018年07月24日 (3,365)
道東道夕張―十勝清水間の4車線化へ道などが緊急要望
2019年01月25日 (2,538)
北4西18に複合施設 カレスサッポロが10月着工
2019年01月21日 (2,379)
サッポロテイセンボウルなど跡地に商業施設検討
2019年01月31日 (2,069)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第153回は「夢」。一日の記憶を整理 整頓して、脳の疲労を解消する役割を 持っています。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。