道の駅おとふけ 移転改築を設計施工、運営一括で公告へ

2018年12月08日 07時00分

 音更町は道の駅おとふけの移転改築について、公募型プロポーザル方式で12月下旬にも公告する予定だ。11月30日に開かれた町議会経済建設常任委員会で町の担当者が説明した。設計と建設、管理運営を一括発注する公設民営(DBO)方式を同町で初めて採用する。

 木野大通西19丁目にある現施設は1991年に地元特産品の販売店として完成。2014年度には国土交通省から地域活性化の拠点となる「重点道の駅」の候補に選ばれた。施設は老朽化が進み、駐車場も約40台分と狭いことから町は移転改築を計画していた。

 建設候補地は道東道音更帯広IC南側の下音更北9線西16の1ほかで敷地面積は約3・8ha。柳月(本社・音更)の集客型工場スイートピア・ガーデンに隣接する。

 施設の主なコンセプトは①十勝と町の農畜産物や食を軸に町内外の人に町の魅力を発信する拠点②十勝と町の魅力を伝え、感じられる交流拠点③道東・十勝の玄関口として人を呼び込む拠点―の3項目。施設は「道の駅ゾーン」に24時間利用可能トイレや飲食店、屋内遊戯コーナーなどを設置するほか、事業者のノウハウを生かした施設や機能を設ける。「条例公園ゾーン」には緑地やドッグラン、防災ヘリポートなどを整備する予定だ。

 事業者は設計、建設共同体、運営・維持管理事業者による共同事業体を見込む。参加表明は19年1月下旬、企画提案書は4月下旬までの受け付けを想定。書類とヒアリングによる2段階の審査を経て、5月下旬にも優先交渉者を決定する。設計は6月から着手し、建設は20年4月の着工をみている。供用開始は22年4月を目指す。業務期間はグランドオープンから10年間の32年3月までを予定する。


関連キーワード: 観光 道の駅 道東

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

満喫ひとり船旅!シングルプレミアムキャンペーン(2020年9月1日~2021年3月31日)
  • 東宏
  • web企画
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,096)
2人暮らしに最適な平屋提案 内池建設
2020年10月08日 (1,473)
若返る新さっぽろ(上)医療・教育施設が核
2020年09月30日 (1,443)
若返る新さっぽろ(下)厚別区全体へ波及を
2020年10月02日 (1,295)
道内建設会社 毎週5社のペースで消える
2020年08月31日 (1,122)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 「建築の聖地」メムメドウズの10年new

「建築の聖地」メムメドウズの10年
独創的な住宅が点在する次世代住宅研究施設が誕生して10年。世界的にも類を見ない建築群のこれまでと現在を追った。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第1回「街並みに調和する外壁の色」周囲と調和し、その建物も映える色を見つけたいところです。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第193回は「酒豪」。お酒に強くても醜態をさらしてはただの飲兵衛。節度をもって周りと接してこそです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第1回「行政書士ってどんな仕事?」雑多な手続きを一切合切担います。何でも相談してみてください。