高卒者就職内定10月末で69% 建設業充足率は厳しく

2018年12月05日 07時00分

 北海道労働局は、2019年3月道内新規高卒者の就職内定状況を18年10月末現在でまとめて公表した。内定率は前年同期を1.5ポイント上回る69.4%と、1986年3月卒から統計を開始して以来、過去最高となった。建設業は求人数が8.9%増加したが、内定者は横ばいとなり充足率は17.3%と全体平均の24%を大きく下回る厳しい状況が続いている。

 道内の求職者数は7621人で2.7%増加。求人数は1万8075人と6.2%上昇し、求人倍率は0.2ポイント上昇の2・37倍となった。内定者数は5288人で、うち男子が2%減の2941人、女子が1.4%増の2347人だった。未内定者は2333人で、このうち97%が道内での就職を希望している。

 建設業を見ると、求人数は3398人と全産業で最多となり、増加傾向が続いている。一方、内定者数は0.9%増の588人。内定者数は微増したものの右肩上がりの求人数には追い付かず、人手不足は続いている。

 充足率が5割を超えているのは、金融・保険業の84.5%のみ。3割を超えたのは製造業の35.6%、複合サービス事業の34.9%、情報通信業の33.3%となっている。半面、農林漁業が12.3%と最も低く、生活関連サービス・娯楽業13.1%、医療福祉業の14%に次いで建設業が続いている。


関連キーワード: 学校

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • 川崎建設
  • イイファス
  • 日本仮設

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

19年度から札幌市内の工事が本格化 北海道新幹線整備
2019年01月23日 (5,137)
北海道局長に和泉氏 開発局長は水島事業振興部長 国交省
2018年07月24日 (3,354)
道東道夕張―十勝清水間の4車線化へ道などが緊急要望
2019年01月25日 (2,540)
北4西18に複合施設 カレスサッポロが10月着工
2019年01月21日 (2,301)
サッポロテイセンボウルなど跡地に商業施設検討
2019年01月31日 (2,074)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第153回は「夢」。一日の記憶を整理 整頓して、脳の疲労を解消する役割を 持っています。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。