旭川36戸、岩見沢15戸の道営住宅新築 下旬に主体公告

2018年12月06日 15時00分

 道建設部建築局は、21日付で旭川市の道営住宅であえーる宮下東団地B棟新築、28日付で岩見沢市の道営住宅仮称・岩見沢中央団地A棟新築の主体を公告する。宮下東団地は3工区、岩見沢中央団地は2工区に分け、いずれも総合評価方式を採用。宮下東団地の開札は2月5日、工期は20カ月となる見込みで、岩見沢中央団地は2月13日に開札し、工期には12カ月を設定する。

 宮下東団地は、道営住宅の移転集約を図る地域再編型整備の一つ。B棟はRC造、9階、36戸の規模で、主体3工区と電気、管は21日に、建具は1月8日に公告する。主体は施工計画審査Ⅱ型とする考えだ。

 対象等級は主体、電気、管がそれぞれ建築、電気、管のA等級、建具が建築のBかC等級を予定。全ての工種を合わせた工事費は8億9000万円となっている。

 岩見沢中央団地は、道営住宅をまちなかに移転集約する再編整備の一環として実施。A棟の規模はRC造、5階、15戸程度を見込んでおり、主体2工区、電気、管を28日、建具を1月15日に公告する。主体には施工実績審査型を採用する。

 対象等級は主体、電気、管がそれぞれ建築、電気、管のA等級、建具が建築のBかC等級を予定。工事費は総額で4億3000万円を試算している。


関連キーワード: 住宅 北海道庁 道北 道央

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • イイファス
  • 東宏
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

2019年1―2月にオープン ベガスベガス釧路店新築
2018年05月04日 (4,926)
JR苗穂駅新駅舎が開業 橋上化、再開発動きだす
2018年11月17日 (4,162)
札幌駅北口8・1再開発特定代行者 大成・伊藤JVを選定
2018年11月14日 (3,430)
江別蔦屋書店オープン 飲食など17テナントが出店
2018年11月21日 (2,453)
富良野道路が開通 北の峰トンネルなど難工事克服
2018年11月26日 (2,295)

連載・特集

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第148回は「血が下がる」。アルコールは血圧を急に下げる原因にもなります。盛り場でもお気をつけを。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。

連載 エンジン01in釧路 市民向け講座からnew

北海道150年を支えた偉人
釧路公立大で開かれた市民向け講座を紹介します。

連載 道総研 研究・活動報告2018

明日を支える
昨年に引き続き、北海道立総合研究機構建築研究本部の取り組みや課題を紹介します。