旭川36戸、岩見沢15戸の道営住宅新築 下旬に主体公告

2018年12月06日 15時00分

 道建設部建築局は、21日付で旭川市の道営住宅であえーる宮下東団地B棟新築、28日付で岩見沢市の道営住宅仮称・岩見沢中央団地A棟新築の主体を公告する。宮下東団地は3工区、岩見沢中央団地は2工区に分け、いずれも総合評価方式を採用。宮下東団地の開札は2月5日、工期は20カ月となる見込みで、岩見沢中央団地は2月13日に開札し、工期には12カ月を設定する。

 宮下東団地は、道営住宅の移転集約を図る地域再編型整備の一つ。B棟はRC造、9階、36戸の規模で、主体3工区と電気、管は21日に、建具は1月8日に公告する。主体は施工計画審査Ⅱ型とする考えだ。

 対象等級は主体、電気、管がそれぞれ建築、電気、管のA等級、建具が建築のBかC等級を予定。全ての工種を合わせた工事費は8億9000万円となっている。

 岩見沢中央団地は、道営住宅をまちなかに移転集約する再編整備の一環として実施。A棟の規模はRC造、5階、15戸程度を見込んでおり、主体2工区、電気、管を28日、建具を1月15日に公告する。主体には施工実績審査型を採用する。

 対象等級は主体、電気、管がそれぞれ建築、電気、管のA等級、建具が建築のBかC等級を予定。工事費は総額で4億3000万円を試算している。


関連キーワード: 住宅 北海道庁 道北 道央

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • 日本仮設
  • 川崎建設
  • 北海道水替事業協同組合

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

19年度から札幌市内の工事が本格化 北海道新幹線整備
2019年01月23日 (5,137)
北海道局長に和泉氏 開発局長は水島事業振興部長 国交省
2018年07月24日 (3,354)
道東道夕張―十勝清水間の4車線化へ道などが緊急要望
2019年01月25日 (2,540)
北4西18に複合施設 カレスサッポロが10月着工
2019年01月21日 (2,301)
サッポロテイセンボウルなど跡地に商業施設検討
2019年01月31日 (2,074)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第153回は「夢」。一日の記憶を整理 整頓して、脳の疲労を解消する役割を 持っています。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。