雪山に動物がかくれんぼ 「知床」ナンバーのデザイン発表

2018年12月07日 12時00分

 青い空に舞うオオワシ、雪山の麓を歩くサケをくわえたヒグマの親子―。斜里町、清里町、小清水町、別海町、中標津町、標津町、羅臼町で構成する知床・地方版図柄入りナンバー導入検討協議会は5日、2020年度中に交付開始となる「知床」ナンバーのデザインを発表した。

 デザイン案はことし7月2日から8月12日まで公募。地域内外から178点の応募があり、9月21日に選考委員会が5点に絞り込んだ。その後構成各町が実施した町民アンケート結果も踏まえ、この日の協議会で最終決定した。

 選ばれたのは、愛知県在住の会社員・佐野可那子さんの「何が隠れているかな?」と題した作品。青い空と知床連山をイメージした雪山をバックに、オオワシ、ヒグマ、サケ、シレトコスミレといった地域を象徴する動植物が描かれている。

知床のダイナミックな自然が描かれている

 じっくり見れば雪山の中にはエゾシカ、エゾモモンガ、キタキツネ、シャチなどのシルエットが。タイトル通り、何を見つけられるかクイズのように楽しむこともできる。

 会長を務める湊屋稔羅臼町長は記者発表で、協議会を構成する7町や知床をイメージできるデザインだと評価したほか、町民アンケートでは全町で最多得票となり、この日も満場一致で決定したと報告。「このナンバープレートを付けた車が全国を走れば、動く広告看板になってくれるのでは」と期待を寄せた。 


関連キーワード: 地域振興 道東

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • 日本仮設
  • 川崎建設
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌駅前に新タワービル JR北海道が不動産事業を強化
2019年04月10日 (2,154)
ゼネコン18年度受注高 首位の岩田地崎、初の500億円台
2019年05月08日 (1,973)
再開発きっかけに病院の移転改築増加 札幌市内
2019年05月15日 (1,746)
新幹線札樽トンネル、今秋から立坑掘削 札幌で工事開始
2019年04月22日 (1,657)
札幌駅南口北4西3再開発 23日に準備組合設立
2019年05月17日 (1,496)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第160回は「熱中症予防」。水が体に 吸収されるには時間がかかります。喉 が乾く前に水分補給を。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。