後志道余市―小樽間が開通 観光、経済の活性化に期待

2018年12月10日 18時00分

 東日本高速道路北海道支社が整備していた後志自動車道の余市IC―小樽JCT間23・3㌔が、8日午後3時に開通した。開通に先立ち、関係者らで式典や通り初めを開催し、所要時間短縮による観光や経済の活性化に期待を寄せた。

 後志自動車道は、道央道小樽JCTから倶知安町に至る62・4㌔を計画延長とする自動車専用道。このうち、余市IC―小樽JCT間23・3㌔を東日本高速道路、余市―倶知安間の39・1㌔を小樽開建が所管している。

 余市町中央公民館で開かれた開通式には250人が出席。東日本高速道路の小畠徹社長は「観光や地域経済の発展に寄与し、地域に愛され、活用される道路となるよう、社を挙げて努力したい」とあいさつ。

 来賓の高橋はるみ知事は「今回の開通で北海道の観光振興が一歩前に進む」と期待。中村裕之、佐藤英道、本多平直の衆院議員3人が祝辞を寄せ、石井啓一国土交通相のメッセージが読み上げられた後、関係者が地元小学生らと一緒にテープカットして、無事開通を喜び合った。

関係者らで開通を祝った

 その後、余市本線料金所付近に移動して通り初めを実施。関係車両が次々と小樽塩谷ICに向かって走り出した。


関連キーワード: 観光 道央 道路

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • 古垣建設
  • 日本仮設
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌駅前に新タワービル JR北海道が不動産事業を強化
2019年04月10日 (2,152)
ゼネコン18年度受注高 首位の岩田地崎、初の500億円台
2019年05月08日 (1,971)
再開発きっかけに病院の移転改築増加 札幌市内
2019年05月15日 (1,744)
新幹線札樽トンネル、今秋から立坑掘削 札幌で工事開始
2019年04月22日 (1,662)
札幌駅南口北4西3再開発 23日に準備組合設立
2019年05月17日 (1,492)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第160回は「熱中症予防」。水が体に 吸収されるには時間がかかります。喉 が乾く前に水分補給を。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。