売上高上位100社で総額5148億円 17年の道東管内製造業

2018年12月11日 15時00分

 帝国データバンクの釧路、帯広、北見3支店は、2017年度道東管内製造業売上高ランキングをまとめた。上位100社の売上高合計は前年度比2.1%増の5147億8100万円。主力魚種の水揚げ不振により水産食品は売り上げを落としたが、機械・設備・農機・船舶といった分野や災害復旧関連などの増加を受けて建設資材等が伸びている。首位の丸玉木材など上位5社は前年度と同じ顔触れ。

 帝国データバンクの企業ファイルから釧路、根室、十勝、オホーツク管内に本社を置き、主業または従業が製造業の企業を抽出。17年4月期―18年3月期の決算で売上高上位100社を集計・分析した。

 管内別は釧根が36社、1612億1000万円(5.5%増)、十勝が34社、1983億5700万円(6.7%増)、オホーツクが30社、1552億1400万円(6.1%減)という内訳だった。釧路は機械・設備・農機・船舶などがけん引し3年ぶり、大手メーカーの子会社を抱える十勝は8年連続で前年度比プラスを記録。オホーツクは水産食品の落ち込みに引きずられた。

 水産食品については「不安定な水揚げから依然として環境は厳しいが、他の商材へのシフトや輸入品調達など原料確保に努め業績を伸ばしている企業もある。サンマの水揚げが前年を上回るなど今後の業績回復が期待される」と分析している。


関連キーワード: 道東

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • 東宏
  • 北海道水替事業協同組合
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

美唄富良野線 東美唄トンネルが貫通
2019年03月01日 (5,273)
札樽道新川付近の渋滞解消で、新たな降り口など構想
2019年02月27日 (2,637)
倶知安町が道新幹線駅周辺の整備構想案をまとめる
2019年03月19日 (2,520)
ディノス札幌中央ビル、売却を検討 タツミプランニング
2019年03月13日 (2,215)
定山渓グランドホテル瑞苑建て替え 20年春に着工
2019年02月28日 (1,889)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第155回は「リンゴ健康法」。医者を 遠ざける、と言われるように、肥満や がん予防の効果が期待できます。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。