〝4WD〟雪道下り止まりづらい、制動距離2WDより長く

2018年12月17日 18時00分

 日本自動車連盟(JAF)は、雪道(圧雪路)の登坂・ブレーキ性能を4WDと2WDで比較した。4WDは上り坂に強いが、下り坂では止まりづらいことが分かった。

 4WD車は雪道に強いとされている。実際にどのような状況でも2WD車より走行性能が優れているのか、4台のテスト車を使用して圧雪路で実験した。

 使用したのはワゴンR(スズキ)とプリウス(トヨタ)の2WD車、CH―R(同)とランドクルーザープラド(同)の4WD車。2月14日に交通科学総合研究所(士別市)で検証した。

 登坂テストとして、勾配が9%と20%の坂道を上りきれるのかを検証。9%の緩やかな坂道は4台とも上ることができた。

 しかし、20%の急勾配になると、4WD車は安定して上ったのに対し、2WD車はスタッドレスタイヤを装着していても途中でスリップして上れなかった。登坂性能は4WD車の方が優れていることを実証した。

 ブレーキテストでは、平坦路と勾配9%の下り坂で、40㌔から急ブレーキを踏み、停止するまでの制動距離を測定した。

 平坦路は4台とも制動距離20―22mと、大きな差は見られなかった。

 勾配9%では、2WDは約29―33mで停止できたのに対し、4WDは約35―40mと、2WDよりも長くなった。特に、車両重量が重いランドクルーザープラドは平坦路に比べて2倍ほど長くなった。

 JAFは検証結果を受けて、「4WDは車両重量が重い分、下り坂で制動距離が長くなることがある。速度を抑えて急な操作を避けるなど、雪道では慎重に走行してほしい」とまとめている。

 検証結果はホームページで公開している。


ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • 古垣建設
  • 東宏
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌・月寒東に延べ3.2万m²の日本医療大
2019年05月29日 (4,457)
札幌駅南口再開発が始動 北4西3に超高層複合ビル 
2019年05月24日 (3,936)
札幌市、地下鉄駅をリフレッシュ 10カ年で92億円
2019年05月28日 (2,522)
札幌駅前に新タワービル JR北海道が不動産事業を強化
2019年04月10日 (2,184)
芙蓉総合リースが札幌・北10西16に商業施設
2019年06月09日 (1,711)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第161回は「チャーハン」。白飯より 血糖値の上昇が緩やかで、太りにくい 性質があります。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。