体験学習で工高生に現場の魅力伝える 苫電協青年部

2018年12月18日 07時00分

 苫小牧電気工事業協同組合青年部は、12日から14日までの3日間、苫小牧工高電気科2年生10人のインターンシップに協力した。毎年この時期に実施していて、初の試みとなった電気工事体験実習などを通し、電気工事業の役割や魅力などを肌で感じた。

 12日から13日は、参加した生徒が2人一組に分かれ各社で実習。12日に野田電気設備、きんでん苫小牧営業所、電気工事西川組、山西電気、滝沢電気工事、13日に中村電気、厚美電設、電友社、新興電気、錦戸電気が協力。現場見学、社内での座学を通し、現場の仕事の様子を理解した。

 最終日の14日は、市内の電気会館で電気工事体験教室を実施。生徒たちは照明設備、配管・配線、LAN工事、計装・自動制御装置、高所作業車、パナソニック展示ブースの6カ所に分かれて、普段机上で体験できない現場での作業を学んだ。

青年部の指導を受けて配管曲げに挑戦する生徒

 各ブースでは、生徒が青年部の指導を受けながら悪戦苦闘しながら作業に臨んだ。青年部の担当者は「学校では学べないことばかり。生徒も喜んで取り組んでくれているようだ」と手応えを感じ、「こうした体験を通し、業界に興味を持ってもらえればうれしい」と願っていた。

 このほか初の試みとして「就職に向けたお悩み相談会」と題し、親子別の座談会を実施。待遇や休日などに関し、業界への理解を促していた。


ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • 日本仮設
  • 北海道水替事業協同組合
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌駅前に新タワービル JR北海道が不動産事業を強化
2019年04月10日 (2,141)
ゼネコン18年度受注高 首位の岩田地崎、初の500億円台
2019年05月08日 (1,985)
再開発きっかけに病院の移転改築増加 札幌市内
2019年05月15日 (1,765)
新幹線札樽トンネル、今秋から立坑掘削 札幌で工事開始
2019年04月22日 (1,629)
札幌駅南口北4西3再開発 23日に準備組合設立
2019年05月17日 (1,506)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第160回は「熱中症予防」。水が体に 吸収されるには時間がかかります。喉 が乾く前に水分補給を。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。