未来を担う ワカモノの思い…

未来を担うワカモノの思い 会沢高圧コンクリート 東大智さん

2018年12月19日 07時00分

3Dプリンター研究開発

東大智(あずま たいち)さん

 入社8年目の30歳。開発営業本部・設計チームとアイザワ技術研究所の2つに所属している。設計チームでは、ボックスカルバートやL型擁壁といったコンクリート2次製品の構造計算をし、部材・形状を決めてCADで図面を描く仕事を担当。技術研究所では、コンクリートの3Dプリンターの研究開発に取り組んでいる。

 「コンクリートは、セメントや水、砂や砂利などさまざまな材料を混ぜて、決められた強度、スランプ、空気量になるように製造する。同じ材料でも毎回違うものができ、机上の設計通りいかない点に引かれた」と話す。

 北見工大工学部土木開発工学科卒業。「出身地の北海道で働きたい」との思いが強かった。全国転勤があるゼネコンなどではなく、道内企業でメーカーの会沢高圧コンクリートを選んだ。

 「自分が設計したコンクリート製品が、社会インフラとして使われていること」が誇り。同社は海外の最新技術や知識を積極的に取り入れている。自身は3Dプリンターの使い方を学ぶために2週間ほどオランダへ行った。「新しいことをどんどんやれるのは面白いし、やりがいでもある」と胸を張る。

 仕事後に英会話教室に通っている。海外企業とやりとりをする際に役立つからだ。2年近くで日常会話はこなせるレベルになった。「頑張っています」と笑う。

 「3Dプリンターをもっと使いやすく、日本で普及させる」のが目標だ。


未来を担う ワカモノの思い… 一覧へ戻る

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

北海道建設新聞社新卒・キャリア記者採用募集バナー
  • 日本仮設
  • 川崎建設
  • web企画

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

川湯温泉で旧宿泊2施設を解体へ 弟子屈町と環境省釧...
2023年01月17日 (13,368)
星野リゾート、川湯温泉に高級リゾートホテル
2023年01月17日 (9,091)
川湯温泉の再生を軸に地域活性化 弟子屈町
2023年01月20日 (3,942)
屈斜路湖畔いなせレジャーランド跡にホテル計画
2023年01月18日 (3,645)
感動届ける施設に 日ハム新球場エスコンフィールドが...
2023年01月10日 (2,567)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第247回「冷え性」。厚着は逆効果の場合も。全身の血液循環を整えることが改善につながります。

連載 迫る巨大地震

迫る巨大地震
発生が危惧される巨大地震。釧根地域の防災・減災対策を検証する。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第28回「インテリア史の糸口」。椅子ひとつとっても誕生には様々な要因が。歴史は深く語るほど面白いです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第26回「ヒューマンエラー対処法」職場全体で予防する環境を構築することが多様な人材の活躍につながります。