外装意匠変更、専用通信機標準搭載のプリウスを発売

2018年12月20日 06時59分

 トヨタ自動車は、プリウスをマイナーチェンジして発売した=写真。親しみやすく、より知的で洗練された内外装デザインへ変更したほか、専用通信機DCMを全車に標準搭載。コネクティッドカーへと進化させた。

 外観のグリルやバンパー、ランプ類などの意匠を変更。室内はインストルメントパネルやフロントコンソールトレイなどにブラック加飾を採用し、上質感のある落ち着いたデザインとした。

 外板色には鮮やかなブルーメタリックとエモーショナルレッドⅡを新たに追加し、全9色となった。

 「ツーリングセレクション」には、外板色とブラックの幾何学調ルーフフィルムをあしらったカラーリングを採用。スポーティかつプレミアムな印象を高めた。

 専用通信機DCMを全車に標準搭載。専任のオペレーターに24時間365日、口頭で目的地設定や情報検索を依頼できる「オペレーターサービス」や、リアルタイムな交通情報と地図データなどを基に、最適なルートを探索し、ナビゲーション車載機に配信する「ハイブリッドナビ」機能などを提供する。

 衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense」も全車に標準装備。駐車場から後退するときに左右後方から接近してくる車両を検知し、注意を促す「リヤクロストラフィックアラート」を新たにオプション設定した。


関連キーワード: 乗用車

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • オノデラ
  • 北海道水替事業協同組合
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌・月寒東に延べ3.2万m²の日本医療大
2019年05月29日 (4,546)
札幌駅南口再開発が始動 北4西3に超高層複合ビル 
2019年05月24日 (4,017)
札幌市、地下鉄駅をリフレッシュ 10カ年で92億円
2019年05月28日 (2,565)
札幌駅前に新タワービル JR北海道が不動産事業を強化
2019年04月10日 (2,190)
芙蓉総合リースが札幌・北10西16に商業施設
2019年06月09日 (1,786)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第161回は「チャーハン」。白飯より 血糖値の上昇が緩やかで、太りにくい 性質があります。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。