道の子育て大賞 茅沼建設工業が業界初受賞

2018年12月20日 15時00分

 道保健福祉部は19日、2018年度ほっかいどう未来輝く子育て大賞の受賞者を発表し、茅沼建設工業(本社・泊、三宅節雄社長)が建設業者から初めて選ばれた。表彰式を21日午後2時から泊村役場で開く。

 民間の創意工夫ある子育て支援の取り組みを促進し、地域全体で子育てを支援する気運の醸成を図ることを目的に、09年度に創設した表彰制度。15年度までは団体のみ、16年度から個人・企業を表彰対象に加えている。

 同社では、地元神社の祭典を盛り上げて、子どもたちに笑顔を届けようと、01年度の地域貢献活動をきっかけに子育て支援運動を展開。建設業の強みを生かしたれんがアーチ橋作りや建設機械への試乗などの体験学習、こども110番活動などの見守り活動をはじめ、従業員の子育て支援として短時間勤務、子どもの看護のための休暇取得、子ども参観日などの制度を設けている。

 推薦者の森和稔泊村教育長は「アーチ橋作りは毎年、多くの児童が楽しみにしている。村の教育充実・向上に大きく貢献しているだけでなく、村内の他事業所にも好影響を与えている」と話している。


関連キーワード: 企業 北海道庁

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • 日本仮設
  • 北海道水替事業協同組合
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌・月寒東に延べ3.2万m²の日本医療大
2019年05月29日 (4,546)
札幌駅南口再開発が始動 北4西3に超高層複合ビル 
2019年05月24日 (4,017)
札幌市、地下鉄駅をリフレッシュ 10カ年で92億円
2019年05月28日 (2,565)
札幌駅前に新タワービル JR北海道が不動産事業を強化
2019年04月10日 (2,190)
芙蓉総合リースが札幌・北10西16に商業施設
2019年06月09日 (1,786)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第161回は「チャーハン」。白飯より 血糖値の上昇が緩やかで、太りにくい 性質があります。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。