十勝で高校生向けセミナー 林業入職の魅力説明

2018年12月25日 07時00分

 道と十勝地域林業担い手確保推進協議会(会長・佐藤正人西十勝森林組合参事)は19日、帯広市内の十勝合同庁舎で「とかち高校生林業・木材産業セミナー」を開いた。帯広農高森林科学科の1・2年生73人が参加。林業従事者によるトークライブや資機材とパネルの展示を通して林業の仕事と魅力を知ってもらった。

 次代の林業従事者確保のため教育機関や帯広公共職業安定所と連携して2年前から開催している。

各企業体のブースは高校生でにぎわった

 セミナーでは同職安の担当者が講師となって高校生の進路決定に向けたポイントを解説。若手林業従事者4人によるトークライブでは司会者から志望動機や現在の仕事で苦労する点などを聞かれ、製材工場や営業などで働くそれぞれの立場から回答した。生徒の「林業に興味を持ったのはいつか」という質問にサトウ(本社・帯広)の須藤達也さんは「普通科出身で林業のことを知らなかったが、仕事をして知識が付いてくると興味が湧いてきた」と答えた。

 会場にはチェーンソーやドローンなどの機材や林業の仕事を紹介するパネルを展示。映像ブースではグラップルを使った作業の様子を流した。

 林業事業体など13者による個別相談ブースには、仕事に興味を持った生徒が企業概要や就労条件について質問していた。

 同校の能登淳子学科主任は「近年は林業や木材産業を希望する生徒が増えてきた。セミナーは事業体の方と面と向かって話ができる重要な機会になり、3年生になった時の企業実習にもつながっている」と話していた。

 佐藤会長は過去2回の開催で手応えを感じている。「説明ブースには当セミナーをきっかけに入職した人もいる。業界の人手不足が深刻な中、現時点で林業に興味を持ってくれている生徒が多いようでうれしい」と話し、今後も体験学習などでさらに興味を持ってもらえるよう取り組みを進めていく。


関連キーワード: フレッシュ 林業 農林水産

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

経審データ販売
  • 日本仮設
  • イイファス
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

きのとや、札幌・清田に新店舗 完成は11月中旬
2019年06月08日 (5,336)
ゼネコン大手4社の20年3月期第2四半期決算
2019年11月18日 (1,866)
19年度上半期のゼネコン受注ランキング/首位は中山組
2019年11月11日 (1,664)
札幌都心アクセス道路 全線トンネル案が再浮上
2019年10月29日 (1,475)
新小樽駅周辺のイメージ動画を公開 新幹線建設促進小樽期成会
2019年11月28日 (1,458)

連載・特集

特集 中国市場に挑む~大連・瀋陽リポート~new

中国市場に挑む~大連・瀋陽リポート~
巨大な中国市場に挑戦する日系企業と 成長を続ける中国企業の現状を紹介。

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第172回は「グラッパ」。イタリアの 食後酒で、フルーティーでさわやかな 香りとすっきりした後味が特徴です。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。