未来を担う ワカモノの思い…

未来を担うワカモノの思い 住宅金融支援機構北海道支店 橋爪友祐さん

2018年12月26日 07時00分

人口減問題、少しでも力に

橋爪友祐(はしづめ ゆうすけ)さん

 入構3年目。地域営業グループに所属し、長期固定金利住宅ローン「フラット35」の営業や、支店の広告・広報業務などを担当している。

 仕事での接点は、エンドユーザーから金融機関、住宅事業者、マスコミなど多岐にわたる。最近は地方公共団体と連携し、住宅取得に対する補助金交付などとセットにした「フラット35子育て支援型・地域活性化型」への関心の高さから、地方へ出向く機会が増えた。

 1994年2月生まれの24歳。川崎市出身で、最初の赴任地が北海道だった。大学を卒業するまで親元にいたため、遠方での一人暮らしに初めは戸惑いがあったという。

 本道の厳しい現状を知った。本州に比べて人口減少や少子高齢化のスピードが早く、地域の人たちの「わが町を何とかしたい」という思いに少しでも力になりたいと考えた。

 高校までサッカーに打ち込み、大学時代は近所の映画館でアルバイトをした。「映画館は身近にありながらも非日常的な空間。たくさんの人がわくわくしている雰囲気が好き」と話す。人気作品だと館内は入場待ちの客でいっぱいになり、自身のモチベーションも最高潮に。人をもてなしたり喜んでもらいたいという思いは、現在の業務にも通じるところがある。

 北海道胆振東部地震発生後、災害復興住宅融資の相談で被災地へ出向いた。「機構は困った人のためにある」と話す。「今後も、いろいろな人から『ありがとう』と言ってもらえるような仕事をしたい」と見据える。


未来を担う ワカモノの思い… 一覧へ戻る

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • 古垣建設
  • オノデラ
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

美唄富良野線 東美唄トンネルが貫通
2019年03月01日 (5,274)
札樽道新川付近の渋滞解消で、新たな降り口など構想
2019年02月27日 (2,637)
倶知安町が道新幹線駅周辺の整備構想案をまとめる
2019年03月19日 (2,521)
ディノス札幌中央ビル、売却を検討 タツミプランニング
2019年03月13日 (2,215)
定山渓グランドホテル瑞苑建て替え 20年春に着工
2019年02月28日 (1,889)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第155回は「リンゴ健康法」。医者を 遠ざける、と言われるように、肥満や がん予防の効果が期待できます。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。