未来を担う ワカモノの思い…

未来を担うワカモノの思い 住宅金融支援機構北海道支店 橋爪友祐さん

2018年12月26日 07時00分

人口減問題、少しでも力に

橋爪友祐(はしづめ ゆうすけ)さん

 入構3年目。地域営業グループに所属し、長期固定金利住宅ローン「フラット35」の営業や、支店の広告・広報業務などを担当している。

 仕事での接点は、エンドユーザーから金融機関、住宅事業者、マスコミなど多岐にわたる。最近は地方公共団体と連携し、住宅取得に対する補助金交付などとセットにした「フラット35子育て支援型・地域活性化型」への関心の高さから、地方へ出向く機会が増えた。

 1994年2月生まれの24歳。川崎市出身で、最初の赴任地が北海道だった。大学を卒業するまで親元にいたため、遠方での一人暮らしに初めは戸惑いがあったという。

 本道の厳しい現状を知った。本州に比べて人口減少や少子高齢化のスピードが早く、地域の人たちの「わが町を何とかしたい」という思いに少しでも力になりたいと考えた。

 高校までサッカーに打ち込み、大学時代は近所の映画館でアルバイトをした。「映画館は身近にありながらも非日常的な空間。たくさんの人がわくわくしている雰囲気が好き」と話す。人気作品だと館内は入場待ちの客でいっぱいになり、自身のモチベーションも最高潮に。人をもてなしたり喜んでもらいたいという思いは、現在の業務にも通じるところがある。

 北海道胆振東部地震発生後、災害復興住宅融資の相談で被災地へ出向いた。「機構は困った人のためにある」と話す。「今後も、いろいろな人から『ありがとう』と言ってもらえるような仕事をしたい」と見据える。


未来を担う ワカモノの思い… 一覧へ戻る

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

北海道建設新聞社新卒・キャリア記者採用募集バナー
  • 川崎建設
  • 北海道水替事業協同組合
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

川湯温泉で旧宿泊2施設を解体へ 弟子屈町と環境省釧...
2023年01月17日 (13,750)
星野リゾート、川湯温泉に高級リゾートホテル
2023年01月17日 (9,959)
帯広に日本最大級「5737コンナサウナ」 4月オー...
2023年01月27日 (5,270)
川湯温泉の再生を軸に地域活性化 弟子屈町
2023年01月20日 (4,300)
東川町天人峡温泉の再生始まる 6月にも廃ホテル解体...
2023年01月29日 (4,063)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 行政書士 new
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第27回「マネジメントの巧拙」従業員の意欲や士気を左右する、奥が深い業務です。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第247回「冷え性」。厚着は逆効果の場合も。全身の血液循環を整えることが改善につながります。

連載 迫る巨大地震

迫る巨大地震
発生が危惧される巨大地震。釧根地域の防災・減災対策を検証する。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第28回「インテリア史の糸口」。椅子ひとつとっても誕生には様々な要因が。歴史は深く語るほど面白いです。