原油相場軟化でガソリン下落 12月中旬で道内145・5円

2018年12月27日 15時00分

 資源エネルギー庁によると、17日現在の道内ガソリン価格は145・5円で、前週比1・9円下落した。値下がりは8週連続。軽油は128・9円で1・6円ダウン。こちらも8週連続で値下がりした。

 石油元売り各社の卸価格が値下がりしているため。メーカーによって下げ幅に違いはあるが、大きいところで5円ほど下がったとみられる。為替レートによる円安で一部は相殺されたが、原油価格の大幅な下落が要因となった。

 6日のOPEC(石油輸出国機構)総会、7日の産油国合同会議は減産で合意したものの、米国原油在庫の積み増しや産油国の減産実施への懐疑感などから、原油相場は下落傾向にある。アジアで指標となる中東産ドバイ原油は1㌭当たり58㌦から61㌦ほどで推移している。

 札幌市内では、12月に入って5円以上の値下げを断行するガソリンスタンドが増えた。ガソリンの中心値は137円で、一部では130円台前半の安値を付ける店もある。

 灯油は、ガソリンや軽油ほど卸価格が下がっていなく、販売価格は95円が中心。市場影響力のあるコープさっぽろのほか、量販店や灯油専業店が打ち出す価格に大差はない。

 資源エネルギー庁の調査によると、17日現在の全道平均価格は店頭売りが95・7円、配達売りが97・7円だった。どちらも11月中旬から6週連続で値下がりし、下げ幅は5円ほどに積み上がったが、毎週じりじりとした下落にとどまっている。


関連キーワード: エネルギー

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • 北海道水替事業協同組合
  • 古垣建設
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

大林らJV落札、497億円 道新幹線札樽トンネル札幌工区
2019年01月09日 (3,390)
2019年1―2月にオープン ベガスベガス釧路店新築
2018年05月04日 (3,170)
札幌都心への投資加速 ホテル建設ラッシュに沸く
2019年01月02日 (2,093)
北海道局長に和泉氏 開発局長は水島事業振興部長 国交省
2018年07月24日 (2,058)
RIZAPグループ ディノスビル春までに建替基本計画
2019年01月06日 (1,719)

連載・特集

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第151回は「胃もたれ」。忘年会、年越し、新年会と続く宴。胃へのいたわり方をご指導します。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。