原油相場軟化でガソリン下落 12月中旬で道内145・5円

2018年12月27日 15時00分

 資源エネルギー庁によると、17日現在の道内ガソリン価格は145・5円で、前週比1・9円下落した。値下がりは8週連続。軽油は128・9円で1・6円ダウン。こちらも8週連続で値下がりした。

 石油元売り各社の卸価格が値下がりしているため。メーカーによって下げ幅に違いはあるが、大きいところで5円ほど下がったとみられる。為替レートによる円安で一部は相殺されたが、原油価格の大幅な下落が要因となった。

 6日のOPEC(石油輸出国機構)総会、7日の産油国合同会議は減産で合意したものの、米国原油在庫の積み増しや産油国の減産実施への懐疑感などから、原油相場は下落傾向にある。アジアで指標となる中東産ドバイ原油は1㌭当たり58㌦から61㌦ほどで推移している。

 札幌市内では、12月に入って5円以上の値下げを断行するガソリンスタンドが増えた。ガソリンの中心値は137円で、一部では130円台前半の安値を付ける店もある。

 灯油は、ガソリンや軽油ほど卸価格が下がっていなく、販売価格は95円が中心。市場影響力のあるコープさっぽろのほか、量販店や灯油専業店が打ち出す価格に大差はない。

 資源エネルギー庁の調査によると、17日現在の全道平均価格は店頭売りが95・7円、配達売りが97・7円だった。どちらも11月中旬から6週連続で値下がりし、下げ幅は5円ほどに積み上がったが、毎週じりじりとした下落にとどまっている。


関連キーワード: エネルギー

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • 東宏
  • オノデラ
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌・月寒東に延べ3.2万m²の日本医療大
2019年05月29日 (4,457)
札幌駅南口再開発が始動 北4西3に超高層複合ビル 
2019年05月24日 (3,936)
札幌市、地下鉄駅をリフレッシュ 10カ年で92億円
2019年05月28日 (2,522)
札幌駅前に新タワービル JR北海道が不動産事業を強化
2019年04月10日 (2,184)
芙蓉総合リースが札幌・北10西16に商業施設
2019年06月09日 (1,711)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第161回は「チャーハン」。白飯より 血糖値の上昇が緩やかで、太りにくい 性質があります。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。