2019年亥年 年男・年女 札幌市民は16・2万人

2019年01月03日 14時00分

 2019年の「亥(い)年」に年男・年女となる札幌市民は16万1703人で、全人口の8.3%に当たり、十二支の中では10番目に少ない。

 札幌市まちづくり政策局が、12月1日現在の住民基本台帳を基にまとめた。

 男女別に見ると、男性は7万5329人、女性は8万6374人で女性が1万1045人多くなっている。

 出生年別に見ていくと1971年生まれ(48歳)が3万1195人で最も多く、47年(72歳)が2万8668人、83年(36歳)が2万5049人、59年(60歳)が2万4798人と続く。

 市の幹部では、59年生まれの三井一敏水道事業管理者、木内二朗総務局長、高野馨市民文化局長、万年清隆消防長が年男となる。

 市内に本社を置く亥年生まれの代表的な老舗は、北海道ガスで、明治44(1911)年6月の設立。新年で108周年を迎える。

 意思が強く目標に向かって真っすぐに突き進むイメージが強いイノシシ。十二支の最後を飾る亥年の新年は、平成が終わる年でもある。干支にあやかり、新たな目標を掲げ、実現に向けひた走しるのも良いのでは。


関連キーワード: さっぽろ圏

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • オノデラ
  • 東宏
  • 北海道水替事業協同組合

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

美唄富良野線 東美唄トンネルが貫通
2019年03月01日 (5,274)
札樽道新川付近の渋滞解消で、新たな降り口など構想
2019年02月27日 (2,637)
倶知安町が道新幹線駅周辺の整備構想案をまとめる
2019年03月19日 (2,521)
ディノス札幌中央ビル、売却を検討 タツミプランニング
2019年03月13日 (2,215)
定山渓グランドホテル瑞苑建て替え 20年春に着工
2019年02月28日 (1,889)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第155回は「リンゴ健康法」。医者を 遠ざける、と言われるように、肥満や がん予防の効果が期待できます。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。