道教委に申請書提出 日本遺産登録目指す炭鉄港推進協議会

2019年01月10日 12時00分

 「炭鉄港」の日本遺産登録を目指している炭鉄港推進協議会を構成する12の自治体は8日、北海道教育委員会に日本遺産申請書を提出した。

 この協議会は、小樽市、室蘭市、夕張市、岩見沢市、美唄市、芦別市、赤平市、三笠市、栗山町、月形町、沼田町、安平町の12自治体のほか、空知、後志、胆振の3総合局、観光協会、経済団体、NPO法人炭鉱の記憶推進事業団などで構成。空知の「炭鉱」、室蘭の「鉄」、小樽の「港」を「炭鉄港」として日本遺産に登録することを目指し、協議を続けてきた。

思いの詰まった申請書を菊島市長(中央)が竹林教育局長に提出した

 日本遺産に申請するのは、赤平の旧住友赤平炭鉱立て坑やぐら・周辺施設や夕張の旧北炭清水沢水力発電所など28施設、港湾は小樽の小樽港北防波堤や室蘭の旧北炭室蘭海員倶楽部など5施設、鉄道は小樽の手宮線跡および付属施設や岩見沢の旧北海道炭鉱鉄道岩見沢工場など12施設の計45施設。

 申請書では、これらを「本邦国策を北海道に観よ!~北の産業革命『炭鉄港』」と題し、石炭、鉄鋼、港湾とそれらをつなぐ鉄道を舞台に繰り広げられた北の産業革命「炭鉄港」が北海道の発展に大きく貢献したと記した。

 この日は、自治体を代表して菊島好孝赤平市長が竹林亨空知教育局長に申請書を提出。佐々木誠也空知総合局長が立ち会った。

 菊島市長は「たくさんの人の理解を得てここまで来ることができ感無量だ。結果はどうあれ、この団結力が地域の活性化につながれば」と話していた。

 日本遺産認定の公表はことし5月ごろとなる見通しだ。


関連キーワード: 日本遺産登録

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • 古垣建設
  • 東宏
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

美唄富良野線 東美唄トンネルが貫通
2019年03月01日 (5,273)
札樽道新川付近の渋滞解消で、新たな降り口など構想
2019年02月27日 (2,637)
倶知安町が道新幹線駅周辺の整備構想案をまとめる
2019年03月19日 (2,520)
ディノス札幌中央ビル、売却を検討 タツミプランニング
2019年03月13日 (2,215)
定山渓グランドホテル瑞苑建て替え 20年春に着工
2019年02月28日 (1,889)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第155回は「リンゴ健康法」。医者を 遠ざける、と言われるように、肥満や がん予防の効果が期待できます。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。