札幌市が第2弾マンホールカード 市の記章デザインに

2019年01月12日 15時00分

時計台で無料配布中

 札幌市は、新たな「マンホールカード」を札幌市時計台で配布している。2枚目となる今回は、市の記章を中央に配置したデザインマンホールふたを描いた。現地に足を運んだ人限定で、原則1人1枚を無料で受け取ることができる。

 マンホールカードは、下水道広報プラットホーム(GKP)が企画・監修し、全国各地の土地柄を反映した多様なデザインマンホールふたを紹介。各地を訪ね歩く人の楽しみを広げ、下水道を身近に感じてもらうことを狙いとしている。

 カードの表面には写真や座標、ピクトグラムを掲載し、裏面にはデザインの由来や豆知識を載せる。

 新しい市のカードは、60自治体の60種類が加わった第9弾として採用した。マンホールふたは、六角模様の内側に、円形模様や星形を施し、北海道や札幌市を表した記章を真ん中に据えたデザイン。

 時計台や豊平川のサケをモチーフとする1枚目のマンホールカードは、引き続き、札幌市下水道科学館で配布している。


関連キーワード: マンホールカード

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • 川崎建設
  • 古垣建設
  • 北海道水替事業協同組合

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

美唄富良野線 東美唄トンネルが貫通
2019年03月01日 (5,274)
札樽道新川付近の渋滞解消で、新たな降り口など構想
2019年02月27日 (2,637)
倶知安町が道新幹線駅周辺の整備構想案をまとめる
2019年03月19日 (2,521)
ディノス札幌中央ビル、売却を検討 タツミプランニング
2019年03月13日 (2,215)
定山渓グランドホテル瑞苑建て替え 20年春に着工
2019年02月28日 (1,889)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第155回は「リンゴ健康法」。医者を 遠ざける、と言われるように、肥満や がん予防の効果が期待できます。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。