「自然と都市が融合」大雪エリアのシンボルマーク発表

2019年01月14日 12時00分

 旭川市と周辺エリアの観光振興を担う一般社団法人大雪カムイミンタラDMOは8日、シンボルマークを発表した。計24作品の中から旭川広告デザイン協議会の森美弥子さんの作品を最優秀賞に選定。図にある三角形は山を示したもので、円形に連なる形状で大雪山麓に位置する上川中部地域を表現した。また、青・赤・緑・オレンジの4色の山は四季も表しており、1年を通して大雪エリアを楽しめることを伝えている。

 旭川をはじめとする上川中部1市7町への長期滞在の観光客誘致を加速させるための取り組みで、昨年10月から募集していた。

 同法人がシンボルネームに掲げた「MOUNTAIN CITY RESORT」には、当該エリアは雄大な自然と都市機能が融合したまちであるという意味を込めた。

山に囲まれた上川中部の特性と通年で四季を楽しめる地域であることを表現した

 今後の展開に関してはは、大雪エリアを象徴するシンボルマークとして襟章(バッジ)や文具類に取り入れるほか、人通りの多い店舗にフラッグを掲げることを想定している。

 発表に際し林良和専務理事は「大雪エリアを訪れた観光客の信頼をつかみ、地域一体となっていく道しるべとなってほしい」と期待を膨らませていた。


関連キーワード: 地域振興 観光 道北

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • 東宏
  • 北海道水替事業協同組合
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌駅前に新タワービル JR北海道が不動産事業を強化
2019年04月10日 (2,141)
ゼネコン18年度受注高 首位の岩田地崎、初の500億円台
2019年05月08日 (1,985)
再開発きっかけに病院の移転改築増加 札幌市内
2019年05月15日 (1,764)
新幹線札樽トンネル、今秋から立坑掘削 札幌で工事開始
2019年04月22日 (1,629)
札幌駅南口北4西3再開発 23日に準備組合設立
2019年05月17日 (1,506)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第160回は「熱中症予防」。水が体に 吸収されるには時間がかかります。喉 が乾く前に水分補給を。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。