鹿追町が新図書館整備を計画 建設検討委を設置へ

2019年01月11日 15時00分

 鹿追町は新たな図書館の整備を計画している。現在の図書館は1981年に建てられたもので老朽化が進み、バリアフリー対応など利用者が求める図書館サービスを提供しにくい施設となっている。事業費や建設スケジュールは白紙だが、町では新図書館の規模や機能などを検討するため建設検討委員会を設置する。

現在の鹿追町図書館

 東町1丁目38にある町図書館は、図書室を含むコミュニティーセンターとして建てられた。蔵書の増加に合わせて図書館に用途変更され、現在は図書館法に基づく図書館として約8万冊の蔵書がある。

 RC造、2階、延べ1163m²の規模。1階は開架図書のスペースで2階は閉架図書、視聴覚室、郷土資料室、学習読書室という構成。図書館部分は537m²。これまでに耐震診断はしていない。

 現施設にはエレベーターがなく、バリアフリー対応になっていないことや書架の間が狭いこと、利用者が落ち着いて読書ができる場所が少ないといった課題がある。町では2020年度までの第6期総合計画に新図書館整備についての検討を明記。これに基づき、読書活動の拠点施設として全ての世代に使いやすい図書館の整備に向けて検討を進めることにした。

 現在、町民を対象に建設検討委員会の委員を募集している。委員会は有識者や図書館の利用者、町図書館協議会などのメンバーで構成。2月上旬までに初会合を開きたい考えだ。


関連キーワード: 建築 文化施設

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • オノデラ
  • 東宏
  • 北海道水替事業協同組合

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌・月寒東に延べ3.2万m²の日本医療大
2019年05月29日 (4,550)
札幌駅南口再開発が始動 北4西3に超高層複合ビル 
2019年05月24日 (4,018)
札幌市、地下鉄駅をリフレッシュ 10カ年で92億円
2019年05月28日 (2,566)
札幌駅前に新タワービル JR北海道が不動産事業を強化
2019年04月10日 (2,193)
芙蓉総合リースが札幌・北10西16に商業施設
2019年06月09日 (1,790)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第161回は「チャーハン」。白飯より 血糖値の上昇が緩やかで、太りにくい 性質があります。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。