地域動向紹介し100号 函館財務事務所道南経済レポート

2019年01月15日 18時00分

 函館財務事務所が1992年から調査を開始した道南経済レポートが、7―9月期で第100号を迎えた。これに合わせて1、50号と対比し、大型小売店の売上高や乗用車販売台数の減少が顕著なことを紹介。観光では東日本大震災以降、海外線利用客が増え、インバウンド獲得の重要度が増しているとした。

 道南地域は92年、バブル崩壊の影響を受け、函館市の地価下落率が全道一となり、イカ豊漁で魚価安が続き、水揚げ額が低調だった。50号発行の2006年は、住宅ローン金利の先高を意識した駆け込み需要で住宅投資が好調な一方、大雪で天候に恵まれない年だった。

 そんな中、大型小売店の売上高は92年が1025億円、06年が770億円、17年が335億円と低迷。西武、さいか、和光といったデパートが閉店していることが影響している。乗用車販売台数は函館市内の人口が25年間で約4万4000人減っていることなどから約15%落ち込んだ。

 観光に着目すると、92年は全国的な北海道観光ブームで函館圏入り込み客数も272万人を突破したが、06年、17年は210万人台にとどまった。その間、北海道新幹線の開業やLCC就航、フェリー大型化などが進んでいる。

 最近では航空機の海外線利用割合が増加。航空機は11年を底に回復傾向が続き、アジア圏を中心にインバウンド需要が高まっている。函館市内で宿泊施設の新築も活発化しており、海外観光客誘致の継続的な取り組みが地域を活性化させるポイントになるとみている。(函館)


関連キーワード: 道南

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • 北海道水替事業協同組合
  • 古垣建設
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌駅南口再開発が始動 北4西3に超高層複合ビル 
2019年05月24日 (2,059)
新さっぽろ駅周辺地区 G・I街区の開発始まる
2019年08月08日 (1,984)
札幌都心部でホテルの建設加速 19年上半期に9件
2019年07月30日 (1,505)
きのとや、札幌・清田に新店舗 完成は11月中旬
2019年06月08日 (1,452)
カレスが札幌・北6東3に医療センター 21年10月に着工
2019年08月01日 (1,324)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第166回は「北海道マラソン」。渇きを感じる前にこまめな給水をし、完走を確実に目指しましょう。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。