苗穂駅周辺地区19年度は7億円投入 駅前広場全面供用へ

2019年01月15日 07時00分

 苗穂駅周辺地区整備事業を進める札幌市は2019年度、北口と南口両駅前広場の最終整備としてシェルターやロードヒーティング、駐輪場の設置などを実施し、全面供用させる考えだ。さらに苗穂駅連絡通約300m区間を拡幅する計画で、19年度工事費として約7億円を見込んでいる。

■シェルター、駐輪場など整備

 JR苗穂駅の移転橋上化に伴い、現在地から約300m西に移転したJR苗穂駅、線路をまたぎ南北を結ぶ自由通路、北口駅前広場と苗穂駅連絡通をつなぐ苗穂駅北通は、昨年11月17日に供用開始した。

 北口駅前広場は整備面積が3800m²、南口駅前広場は同5000m²。苗穂駅北通を含めた事業費に約38億円を試算し、18年度に着工。現在は暫定供用している。

 19年度の整備内容は、シェルターやロードヒーティング、歩道のれんがブロックのほか、北口駅前広場で約170台、南口駅前広場で約500台の駐輪場設置を予定している。建築や土木などを合わせた最終年度の工事費に6億―6億5000万円程度を見込む。

 北8条通と北3条通を結ぶ苗穂駅連絡通は、整備延長1630mのうち、東8丁目篠路通交点より東側の1050mと、北4東6周辺地区再開発エリア西側の330m区間で、現況7・27―14・54mを16mに拡幅する計画。残る東8丁目篠路通交点より西側の250m区間は新設となる。

 用地買収を含め61億円の事業費を見込み、17年度に着工。北4東6西側の330m区間と、接続する区画道路60mは先行して整備を終え、供用開始している。

 19年度は、東9丁目南線交点から東12丁目線交点までの現況幅員10・92m、約300m区間を施工。工事費には、1億2000万―1億3000万円程度を試算する。

 その後は、苗穂駅連絡通の拡幅や新設を継続するほか、東8丁目篠路通の拡幅を推進。苗穂駅連絡通との交点北側の110m区間を対象に、アンダーパス横の覆道に歩道を設置し、現況25・0mの幅員を29・5mに拡幅する計画だ。


関連キーワード: さっぽろ圏

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • イイファス
  • web企画
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

JR札幌駅前の再開発ビル 延べ42万m²の規模で構想 
2020年07月31日 (4,820)
工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,214)
日高自動車道静内―三石間 最短ルートで最大1140億円
2020年07月17日 (2,004)
ススキノの銭湯を無人ホテルに マッシブサッポロ
2020年07月15日 (1,323)
道内の「開かずの踏切」 対策検討中は残り3カ所
2020年07月13日 (1,083)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 会社探訪記new

会社探訪記
地域に根差した企業を不定期で紹介します。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第188回は「感染対策」。形だけにならないよう、消毒液はたっぷり使い、マスクは鼻までしっかりしましょう。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。