苗穂駅周辺地区19年度は7億円投入 駅前広場全面供用へ

2019年01月15日 07時00分

 苗穂駅周辺地区整備事業を進める札幌市は2019年度、北口と南口両駅前広場の最終整備としてシェルターやロードヒーティング、駐輪場の設置などを実施し、全面供用させる考えだ。さらに苗穂駅連絡通約300m区間を拡幅する計画で、19年度工事費として約7億円を見込んでいる。

■シェルター、駐輪場など整備

 JR苗穂駅の移転橋上化に伴い、現在地から約300m西に移転したJR苗穂駅、線路をまたぎ南北を結ぶ自由通路、北口駅前広場と苗穂駅連絡通をつなぐ苗穂駅北通は、昨年11月17日に供用開始した。

 北口駅前広場は整備面積が3800m²、南口駅前広場は同5000m²。苗穂駅北通を含めた事業費に約38億円を試算し、18年度に着工。現在は暫定供用している。

 19年度の整備内容は、シェルターやロードヒーティング、歩道のれんがブロックのほか、北口駅前広場で約170台、南口駅前広場で約500台の駐輪場設置を予定している。建築や土木などを合わせた最終年度の工事費に6億―6億5000万円程度を見込む。

 北8条通と北3条通を結ぶ苗穂駅連絡通は、整備延長1630mのうち、東8丁目篠路通交点より東側の1050mと、北4東6周辺地区再開発エリア西側の330m区間で、現況7・27―14・54mを16mに拡幅する計画。残る東8丁目篠路通交点より西側の250m区間は新設となる。

 用地買収を含め61億円の事業費を見込み、17年度に着工。北4東6西側の330m区間と、接続する区画道路60mは先行して整備を終え、供用開始している。

 19年度は、東9丁目南線交点から東12丁目線交点までの現況幅員10・92m、約300m区間を施工。工事費には、1億2000万―1億3000万円程度を試算する。

 その後は、苗穂駅連絡通の拡幅や新設を継続するほか、東8丁目篠路通の拡幅を推進。苗穂駅連絡通との交点北側の110m区間を対象に、アンダーパス横の覆道に歩道を設置し、現況25・0mの幅員を29・5mに拡幅する計画だ。


関連キーワード: さっぽろ圏

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinマップ クマ情報特設ページ
  • 東宏
  • 北海道水替事業協同組合
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

「アイアンショック」の足音 鋼材高値、リーマン前に...
2021年07月15日 (17,100)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (4,299)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (1,832)
山側など3ルート検討 229号乙部町館浦岩盤崩壊本...
2021年09月13日 (1,296)
おとなの養生訓 第44回「肥満と発汗」 皮下脂肪が...
2014年04月25日 (1,035)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第215回は「炭酸好き」。のど越しが渇きを癒やし、爽快な気分にしてくれます。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第12回「トイレドアと表示錠」。製造メーカーには、どの人にも伝わる色選びを心がけてほしいですね。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第11回「休業要請と従業員」休業手当があっても退職する人も。働く場所が提供するのはお金だけではありません。