苫小牧市内の国道276号緑こ線橋架け換え工事は順調に進む

2019年01月16日 15時00分

 苫小牧市内の国道276号で室蘭開建が整備を進めている緑こ線橋架け換えが、全線供用まで1年を切った。擁壁や上部、下部を撤去し、現在は北側の地盤改良や交差する市道のボックスカルバート3カ所などを施工中だ。北海道胆振東部地震の影響もなく工事は順調に進んでいる。

 1965年建設の緑こ線橋は、本来、片側1車線だが、2台並んで通行している狭い状態で、歩道もこ線橋部のみ。副道は片側1車線の対面通行で、本線と副道、市道との交差点が混在している状況。

 耐震性を向上させ、安全な緊急輸送道路を確保するために架け換えることにし、
2017年12月から約2年間の通行止めとしている。

工事が進む緑こ線橋架け換え

 新しいこ線橋は片側2車線の中央分離帯を設けた完全な4車線道路で、全区間の両側に3mの歩道を設ける。拡幅に伴って副道も1車線の一方通行になる。

 工事を担当する室蘭開建苫小牧道路事務所の萬直樹所長は「2年間通行止めで迂回をしてもらっているが、耐震性が向上し、複雑だった交差点部分は、副道を手前に集約することで車が通行しやすくなり、安心安全に使用できる」と述べ、「橋台が徐々に立ち上がり、姿が見えてくれば、供用開始に向けて住民は安心するのではないか」と話している。

 室蘭開建の発注工事では、音羽北改良を門脇建設、音羽南改良を遠藤組、音羽改良を小林組、緑こ線橋下部を田中組でそれぞれ施工。JR北海道の関連工事は鉄建建設が担当している。

 総事業費50億円のうち約30億円を執行した。こ線橋架設部分はことし夏ごろにも着工する見込みだ。(苫小牧)


関連キーワード: 橋梁 道南 鉄道

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • イイファス
  • 川崎建設
  • 北海道水替事業協同組合

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌・月寒東に延べ3.2万m²の日本医療大
2019年05月29日 (4,478)
札幌駅南口再開発が始動 北4西3に超高層複合ビル 
2019年05月24日 (3,953)
札幌市、地下鉄駅をリフレッシュ 10カ年で92億円
2019年05月28日 (2,532)
札幌駅前に新タワービル JR北海道が不動産事業を強化
2019年04月10日 (2,188)
芙蓉総合リースが札幌・北10西16に商業施設
2019年06月09日 (1,735)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第161回は「チャーハン」。白飯より 血糖値の上昇が緩やかで、太りにくい 性質があります。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。