SNS活用し十勝の観光PR 自然などスポットを発掘

2019年01月19日 12時00分

 十勝総合局は、職員アンケートでSNSを活用したPRに適した管内観光地を選出した。自然やイベントなど5部門で年齢、性別ごとにデータを抽出し観光スポットの発掘と情報発信に役立てる。

 近年はインスタグラムやツイッターなどSNSの投稿が観光地のPRに大きな影響を与えていることから、同局では「とかち#(ハッシュタグ)運動」を展開し、SNSユーザーを中心に十勝への誘客を目指している。調査は管内市町村から推薦された36カ所を①自然・風景②施設③イベント④四季⑤産業遺産―の5部門に分け、職員271人が部門ごとにSNS映えすると思うスポットを投票した。

 年代、性別を問わず1位に選ばれたのは自然・風景部門のオンネトー(足寄町)と四季部門のジュエリーアイス(豊頃町)、産業遺産部門のタウシュベツ川橋梁(上士幌町)の3地点。施設部門では中札内美術村、イベントでは音更町で1月に開かれる彩凜華が年代と性別を総合して1位となった。

 今後は結果をまとめたSNS映えスポット紹介ページを同局ホームページ上に作成し、4月にも公開する。また上位スポットがある市町村や関係団体と協力しPR活動にも取り組んでいく。(帯広)


関連キーワード: 観光 道東

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • 川崎建設
  • オノデラ
  • 北海道水替事業協同組合

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌駅前に新タワービル JR北海道が不動産事業を強化
2019年04月10日 (4,081)
札幌・北4西3街区再開発 5月にも準備組合発足
2019年03月28日 (3,357)
札幌・南2西7に112室のホテル ユニホー
2019年03月27日 (2,809)
札幌市民ホール 愛称は「カナモトホール」
2019年02月15日 (2,474)
新幹線札樽トンネル、今秋から立坑掘削 札幌で工事開始
2019年04月22日 (2,196)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第157回は「バーボン」。お勧めの飲み方はトウモロコシの香りが引き立つロックです。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。