未来を担う ワカモノの思い…

未来を担うワカモノの思い 北創 松本竜也さん

2019年01月18日 07時00分

まず現場代理人を目標に

松本竜也(まつもと たつや)さん

 札幌工高を2017年春に卒業し、土木工事会社の北創(本社・札幌)に入社した。同社としては17年ぶりの新卒社員。金の卵として大切に育てられている。

 工事部に所属し、1年目は小学校の貯留施設やグラウンド整備に携わった。2年目は公共桝の業務代理人補として先輩社員をサポート。現在は除雪業務で歩道ロータリー車に乗り、地域の人たちが歩く道を深夜から朝方にかけて整えている。

 札幌市北区除雪安全連絡協議会のメンバーとして、iPadやGPSを活用した最新の除雪システムを体験した。「ゆくゆくはビッグロータリーやグレーダーにも乗ってみたい」と意欲的だ。

 「工事を完成させたときの達成感が何ともいえない」と松本さん。角川幸治社長は「若い人は成長の率が早い」と太鼓判を押す。

 20代が多く、和気あいあいとした雰囲気の職場。社員旅行や社長主催の懇親会といった社内イベントも盛んだ。昼食時など時間が合えば会社近くの飲食店を一緒に回る間柄で、何でも話せる心地よさに満足している。

 口数が少ない寡黙な性格だが、心に秘めた仕事への思いは熱い。「まずは現場代理人になるのが目標。2年後に2級施工管理技士の試験が控えているので、それまでみっちり実戦で勉強したい」と話す。

 1999年1月8日生まれの20歳、石狩市出身。14日の成人式には着慣れたスーツで出席した。「お酒を飲み過ぎないよう注意したい」と決意している。


未来を担う ワカモノの思い… 一覧へ戻る

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

北海道建設新聞社新卒・キャリア記者採用募集バナー
  • 北海道水替事業協同組合
  • オノデラ
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

川湯温泉で旧宿泊2施設を解体へ 弟子屈町と環境省釧...
2023年01月17日 (13,368)
星野リゾート、川湯温泉に高級リゾートホテル
2023年01月17日 (9,091)
川湯温泉の再生を軸に地域活性化 弟子屈町
2023年01月20日 (3,944)
屈斜路湖畔いなせレジャーランド跡にホテル計画
2023年01月18日 (3,645)
感動届ける施設に 日ハム新球場エスコンフィールドが...
2023年01月10日 (2,569)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第247回「冷え性」。厚着は逆効果の場合も。全身の血液循環を整えることが改善につながります。

連載 迫る巨大地震

迫る巨大地震
発生が危惧される巨大地震。釧根地域の防災・減災対策を検証する。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第28回「インテリア史の糸口」。椅子ひとつとっても誕生には様々な要因が。歴史は深く語るほど面白いです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第26回「ヒューマンエラー対処法」職場全体で予防する環境を構築することが多様な人材の活躍につながります。