北海道の魅力を全国に オフィスキュー伊藤亜由美社長

2019年01月21日 12時00分

「北海道には魅力的なものがいっぱいある」と話す伊藤社長

 クリエイティブオフィスキュー(本社・札幌)の伊藤亜由美社長は、11日に札幌市内の北大フード&メディカルイノベーション国際拠点で開かれた、女性の多様な生き方を考えるシンポジウムで基調講演した。北海道の『食』に着目して番組製作したことを紹介。本道の魅力を発信し、元気にすることの大切さを説いた。

 同社は5人組演劇ユニット・TEAM NACSなどのマネジメントを手掛ける芸能事務所。ことし創業27年を迎える。知名度は今でこそ高まったが、「十数年前は彼らの演劇を見てもらえるような機会がなかった」と明かす。テレビ番組『水曜どうでしょう』には大泉洋らが出演していたが、初めのころは「芸人が旅をしていると思われていた」という。

 伊藤社長はプロデューサーとしてTEAM NACSの活動を後押ししている。5人の駆け出しのころを振り返り、「もっと役者として成長させ、認知度を上げたかった。活躍の場を東京に広げたときに、北海道の宣伝隊長になってもらいたいなという思いもあった」と告白した。

 ほかにもやりたいことがあった。北海道だけでなく、「全国の人たちに見てもらえるようなコンテンツを作りたい」。北海道らしさを打ち出せ、かつコンテンツ化しやすいものを考えた結果、思いついたキーワードは『食』だった。「道産の食べ物はおいしい。『これはすごいことなんだよ。身近に生産者がいるんだよ』ということを子どもや親御さんたちに伝えたいなと」

 この思いを形にして、2008年から始まったのが、HBCで放送中のあぐり王国北海道(現在は、あぐり王国北海道NEXT)だ。こだわったのは放送の曜日と時間帯。「家族で番組を見てもらい、その後、ご飯支度をして食卓を囲みながら、北海道の食に関する話をしてほしい。翌日の日曜日に、生産者の所に出かけてみようかとなればいい」

 出演は東川町出身の森崎博之。祖父は農家だった。「小さいときに農業体験をしていた。彼だったら、うそっぽさを感じさせない本当の意味での農業を伝えてくれる」と期待して起用した。

 活躍がTBSのプロデューサーの目にとまり、ドラマ『下町ロケット』や、『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』の農業企画への出演につながった。

 映画制作にも携わった。12年公開の『しあわせのパン』は、洞爺湖町月浦が舞台。劇中の農産物や食器は道内でつくられたものを使用した。第2弾の『ぶどうのなみだ』は、岩見沢市内のワイナリーでロケ。25日には、せたな町で撮影した『そらのレストラン』が公開になる。

 「北海道には魅力的なものがいっぱいある。新しい魅力を発見して、みんなで北海道を元気にしたい」と締めくくった。


関連キーワード: 観光

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 古垣建設
  • 北海道水替事業協同組合
  • web企画

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

大林組、過去最高の690億円 19年度ゼネコン道内受注高
2020年05月07日 (2,056)
コストコ石狩倉庫店 21年春開業へ
2020年04月24日 (1,387)
ススキノラフィラ 20年5月に閉店 新ビルに建て替えへ
2019年10月18日 (1,382)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思い
2020年04月14日 (1,009)
北海道新幹線のトンネル掘削は4.6万m、進捗率27%
2020年05月21日 (988)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第183回は「ウイルスの弱点」。新型 コロナウイルスは石鹸で死滅します。 手洗いは有効な感染防止策です。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 大都市圏を狙う
カナモトの挑戦

大都市圏を狙う カナモトの挑戦
道内最大手のさらなる成長の鍵となる 〝ゼネラル・レンタルカンパニー〟の 展望を追いました。