北4西18に複合施設 カレスサッポロが10月着工

2019年01月21日 07時00分

 社会医療法人社団カレスサッポロ(札幌市中央区北1条東1丁目2の5、大城辰美理事長)は、札幌市中央区北4条西18丁目に高齢者向け住居や店舗、クリニック、工場などで構成する複合施設の新築を計画している。10月にも着工。2021年4月の完成を目指す。主体は岩田地崎建設、電気はきんでん、機械は西原衛生工業所にそれぞれ依頼する見通しだ。

 北5条手稲通に面する北4条西18丁目8の1の敷地約3400m²を15年に取得。同社団が経営する時計台記念病院本館の移転先や高齢者施設建設といった活用方法を検討してきた。

 複合施設の「カレスプレミアムガーデン北円山」は、RC造、7階、延べ9645m²の規模で計画。女性をターゲットに住居だけでなく医療や食、働く場など、さまざまな機能を持たせる。

 1階にドラッグストアのツルハがテナント入居するほか、2階にドーナツやベーグルを専門とするふわもち邸の工場やレストランを配置。3、4階はクリニックやリハビリセンターとし、5―7階は60歳以上の女性や夫婦を対象とする賃貸マンション(39戸)とする。

 133台が駐車できる3階建ての自走式駐車場を併設する。建築費は30億円を試算。設計はカミトリュウジ建築設計が担当している。

 「介護付き高齢者住宅になると働く気が湧かない」(大城理事長)との考えから、入居者には2階の製造工場をフレックスタイム制で働く場として提供する見通しだ。


関連キーワード: さっぽろ圏 医療福祉 商業

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

満喫ひとり船旅!シングルプレミアムキャンペーン(2020年9月1日~2021年3月31日)
  • 東宏
  • 古垣建設
  • web企画

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,096)
2人暮らしに最適な平屋提案 内池建設
2020年10月08日 (1,473)
若返る新さっぽろ(上)医療・教育施設が核
2020年09月30日 (1,443)
若返る新さっぽろ(下)厚別区全体へ波及を
2020年10月02日 (1,295)
道内建設会社 毎週5社のペースで消える
2020年08月31日 (1,122)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 「建築の聖地」メムメドウズの10年new

「建築の聖地」メムメドウズの10年
独創的な住宅が点在する次世代住宅研究施設が誕生して10年。世界的にも類を見ない建築群のこれまでと現在を追った。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第1回「街並みに調和する外壁の色」周囲と調和し、その建物も映える色を見つけたいところです。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第193回は「酒豪」。お酒に強くても醜態をさらしてはただの飲兵衛。節度をもって周りと接してこそです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第1回「行政書士ってどんな仕事?」雑多な手続きを一切合切担います。何でも相談してみてください。