CLT(直交集成板)建築の利用拡大へ 道が設計研修会

2019年01月22日 15時00分

 道水産林務部は21日、札幌市内のかでる2・7でCLT(直交集成板)設計研修会を開いた。行政や民間の建築、林業関係者ら約50人が参加。今後の利用拡大に向けて理解を深めた。

 CLTは、欧州などを中心に住宅や中高層建築物などの部材として利用されている。国土交通省が2018年度内にもカラマツとトドマツのCLT基準強度を告示する見通しで、道内での利用拡大が期待されている。

設計や性能のポイントなどを学んだ

 冒頭のあいさつで、林業木材課の小南雅誉主幹は「18年度末までに国内でCLTを利用した建物が310件、道内でも10件が完成する。CLTの利用が着実に進んできている」と話した。

 研修会では、広瀬信林業木材課主査が道内森林資源と道産CLTの利用拡大について説明。CLT建築物は型枠や養生が不要であることからRC造に比べ工期が3分の2程度短縮でき、建築技術者不足の解消に寄与できるとした。

 引き続き、日本CLT協会の中越隆道氏が設計・性能・施工時の課題やポイントを解説するなどし、実際にCLTを設計した技術者が課題や利用方法などについて紹介した。


関連キーワード: 北海道庁 新技術

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • 日本仮設
  • オノデラ
  • 北海道水替事業協同組合

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

19年度から札幌市内の工事が本格化 北海道新幹線整備
2019年01月23日 (5,080)
北海道局長に和泉氏 開発局長は水島事業振興部長 国交省
2018年07月24日 (3,414)
北4西18に複合施設 カレスサッポロが10月着工
2019年01月21日 (2,742)
道東道夕張―十勝清水間の4車線化へ道などが緊急要望
2019年01月25日 (2,498)
サッポロテイセンボウルなど跡地に商業施設検討
2019年01月31日 (2,029)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第153回は「夢」。一日の記憶を整理 整頓して、脳の疲労を解消する役割を 持っています。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。