苫小牧IR構想 クレアベストのジェフ・パー副会長に聞く

2019年01月26日 12時00分

 カジノを中核とする日本での統合型リゾート(IR)参入を巡り、世界の名だたるカジノ運営者がしのぎを削っている。4カ国31カ所でIRの開発を手掛けたカナダの投資会社クレアベストは、道内での誘致が有力視される苫小牧市に商機を見いだし、事務所を開設するなどして地域との交流や情報収集を図っている。ジェフ・パー副会長に運営方法や施設構想、IRがもたらす経済効果などを聞いた。

■自然生かしスポーツ機能も

 2018年7月にカジノを中核とするIR実施法が成立。当面3カ所を上限にIR施設が設置されることになった。これを受け、大阪府や長崎県など複数の自治体は、3つの椅子を巡り誘致合戦を繰り広げている。

 こうした動きに呼応し、米国、カナダ、チリ、インドでIRの開発に携わってきたクレアベストは、事業参入機会をうかがうため全国各地を視察。「経済的な開発が必要な場所」と判断した北海道と長崎県に注目した。市場調査のほか、自社の優位性を地域にPRするため、日本法人のクレアベストニームベンチャーズ社が17年に佐世保市、18年に苫小牧市で事務所を設けた。

苫小牧でのIR事業計画について話すジェフ・パー副会長

 ただ、佐世保市に関しては、投資効果を勘案した結果、18年10月に事務所を閉鎖した。入場料や入場制限を盛り込んだIR実施法が成立するまで興味を持っていたが「政府が地元のボート競走、競馬、パチンコなどに対して同じような取り組みをしない限り、IRとしては競争が難しい」との判断からだ。

 今後は、より投資効果が大きいと見る苫小牧での参入に注力する。

 同社が提案するIR施設構想は、北海道の自然がコンセプト。「自然を壊さないよう全体的に低層階のデザインとした」と説明する。収益の半分以上を稼ぎ出すカジノ施設は全体の3%程度とし、ホテルやショッピング、レストランに加え、劇場などエンターテインメントも提供する。

 さらに「富裕層だけでなくファミリー層も楽しめるようにしたい」との思いから、スポーツにも力を入れる考えだ。ラグビーやアイスホッケーの競技場、プロ選手がトレーニングできる施設を構想。近場でゴルフ場を運営する企業との連携も視野に入れる。

 事業費は2000億円程度を試算。働き手については「地元から5000人程度を雇用する」とみている。アクセス手段はJR新千歳空港駅を最寄り駅とし、「モノレールを設けるといった話が出ているので、バスも含めてそうした利用になるだろう」とイメージした。

クレアベストが構想するIR施設のイメージ図(同社提供)

 運営に当たっては、海外から担当者を呼び、地元にノウハウを提供する。チリでの事例を引き合いに「当初はカナダから担当者を呼んだが、地元チームを作って研修を進めたことにより、彼らだけで運営できるようになった。苫小牧でも同じことをするだろう」と示唆。ギャンブル依存症対策も含め、全面的にサポートする姿勢を示した。

 9、10日に札幌市内で開かれた北海道IRショーケースでは、ビジネス、一般公開を含め約7000人が来場し、関心の高さがうかがわれた。同社は特別協賛としてブースを構えるなど、世界のカジノ運営7社が出展し、事業参入の意欲をみせた。

 IRの道内誘致を巡って道は、まだ正式な判断をしていない。パー副会長は多くの事業を手掛けてきた経験から、「どの地域も経済効果は出ている。このチャンスを見逃してほしくない」と助言する。


関連キーワード: IR

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • 北海道水替事業協同組合
  • オノデラ
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

美唄富良野線 東美唄トンネルが貫通
2019年03月01日 (5,447)
倶知安町が道新幹線駅周辺の整備構想案をまとめる
2019年03月19日 (3,855)
札樽道新川付近の渋滞解消で、新たな降り口など構想
2019年02月27日 (2,771)
ディノス札幌中央ビル、売却を検討 タツミプランニング
2019年03月13日 (2,287)
定山渓グランドホテル瑞苑建て替え 20年春に着工
2019年02月28日 (1,998)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第155回は「リンゴ健康法」。医者を 遠ざける、と言われるように、肥満や がん予防の効果が期待できます。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。