外国人客見込んだ無人ホテルを開業 マッシブサッポロ

2019年01月27日 15時00分

 シェアハウスや民泊の運用代行などを手掛けるMASSIVE SAPPOROは20日、札幌市中央区のSITYビル内に無人ホテル「UCHI Living Stay odori」を開業した。無人化により運営コストを抑えられる利点を生かし、今後も無人ホテルを積極展開する方針だ。

 2018年6月に施行された改正旅館業法で、宿泊者の安全や利便性を確保するために①緊急時の対応②ビデオカメラなどで宿泊者の本人確認や出入りの確認③鍵の受け渡し―が適切にできる設備があれば、無人で営業することが可能になった。

 同社が手掛ける無人ホテルは、これで2カ所目。18年夏にビルオーナーから相談を受け、フロントにスタッフがいる宿泊施設を200万円ほどかけて改修した。

 南1条西8丁目でSITYビル2階の一角にあり、1室で約247m²の広さ。テレビや冷蔵庫、電子レンジ、シャワー室、男女別トイレ、ベッドなどを備え、火を使わない簡単な調理であれば室内でできる。大通公園に近く、アクセスが良い。

 1人から最大で1団体14人が宿泊可能。予約はインターネットサイト(Airbnb)で受け付ける。利用者の9割は外国人旅行者と見込んでいる。

 不動産事業部の川上将司さんは「アジアからの旅行客は、大人数で移動する場合が多い。一般的なホテルは1部屋に少人数しか泊まれない」と話す。大人数が一緒に宿泊できるという点で、他のホテルとの差別化を図る。

専用タブレットを使ってチェックインする

 無人化に当たり、楽天コミュニケーションズのIoTサービスを導入した。チェックイン時に宿泊者は、玄関の扉を開けてすぐの所に設置しているタブレット端末に、事前に伝えられた予約番号と名前、住所、職業などを入力する。

 外国人宿泊者の場合は、パスポートと顔写真をタブレット端末のカメラで撮影。全ての入力を終えてボタンを押すと、担当者とテレビ電話がつながる。オペレーターが入力内容を確認し、本人確認が済めば部屋の鍵番号が伝えられ、入室できるという仕組み。予約ごとに異なる鍵番号を伝えるため、セキュリティー対策は万全だ。

 省人化により、一般的な有人型ホテルと比べて20%ほど運営費をカットできる。このため、宿泊料金は1人当たり2000―6000円前後に抑えられる。
 懸念される問題の一つが騒音だ。対策としてテレビの裏にセンサーを設置。一定程度の騒音を検知すれば、管理者に連絡が入り、宿泊者に電話で注意する。緊急時には10分以内で駆け付ける体勢のため、万が一のときも安心だ。

 さっぽろ雪まつりの期間は予約で埋まっている。川上さんは「アジアの中間層は、移動や宿泊にあまりお金をかけない。低価格で効率がいい宿泊形態は需要が見込める」と期待を込める。年内に札幌市や小樽市などで、無人ホテルを十数棟オープンさせる予定だ。


関連キーワード: さっぽろ圏 ホテル

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • オノデラ
  • イイファス
  • 北海道水替事業協同組合

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

19年度から札幌市内の工事が本格化 北海道新幹線整備
2019年01月23日 (5,072)
北海道局長に和泉氏 開発局長は水島事業振興部長 国交省
2018年07月24日 (3,406)
北4西18に複合施設 カレスサッポロが10月着工
2019年01月21日 (2,732)
道東道夕張―十勝清水間の4車線化へ道などが緊急要望
2019年01月25日 (2,498)
サッポロテイセンボウルなど跡地に商業施設検討
2019年01月31日 (2,017)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第153回は「夢」。一日の記憶を整理 整頓して、脳の疲労を解消する役割を 持っています。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。