道東道夕張―十勝清水間の4車線化へ道などが緊急要望

2019年01月25日 15時00分

国交省で池田道路局長に要望する参加者(道建設部提供)

 道と北海道高速道路建設促進期成会(会長・高橋はるみ知事)は24日、国土交通省と東日本高速道路本社を訪れ、道東自動車道夕張IC―十勝清水IC間の4車線化を目指して緊急要望を行った。大規模災害時における高規格幹線道路の強靱(きょうじん)性や信頼性などを確保するために早期採択を求めた。

 2016年に本道を襲った台風10号は、国道や鉄道とともに道東道に被害をもたらした。しかし、速やかな復旧により、その後は日勝峠被災で長期通行止めとなった国道274号などに代わって、道東と道央を結ぶ大動脈として物流や人流、救急搬送などを支え続けた。

 国は、財政投融資を活用して高速道路における暫定2車線区間の4車線化を推進する方針を示している。道と期成会では、災害時における高速交通ネットワークの重要性のほか、道東道延伸で交通量が増加し、渋滞が急増している実情を踏まえて、早急な対策が必要であることを強調している。

 要望には、期成会の理事を務める米沢則寿帯広市長、高橋正夫本別町長をはじめとする十勝管内沿線自治体の市町村長、北海道の地域とみちをつなぐネットワーク連携会議の真鍋憲太郎道東道とかち連携協議会運営委員長、道からは岡田恭一建設部長らが参加。国交省では田中英之大臣政務官、池田豊人道路局長、和泉晶裕北海道局長らと順次面会して、4車線化の必要性を訴えた。


関連キーワード: 道路

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • 川崎建設
  • 東宏
  • 北海道水替事業協同組合

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

19年度から札幌市内の工事が本格化 北海道新幹線整備
2019年01月23日 (5,072)
北海道局長に和泉氏 開発局長は水島事業振興部長 国交省
2018年07月24日 (3,406)
北4西18に複合施設 カレスサッポロが10月着工
2019年01月21日 (2,732)
道東道夕張―十勝清水間の4車線化へ道などが緊急要望
2019年01月25日 (2,498)
サッポロテイセンボウルなど跡地に商業施設検討
2019年01月31日 (2,017)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第153回は「夢」。一日の記憶を整理 整頓して、脳の疲労を解消する役割を 持っています。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。