釧路港国際物流ターミナル 荷役機械など試運転開始

2019年01月30日 12時00分

荷役設備の試運転が進む(釧路西港開発埠頭提供)

 釧路港国際物流ターミナルに整備された荷役機械や搬送設備の負荷試運転が、28日から始まった。パナマックス級の外航船を西港区第2ふ頭先端部に設けられたマイナス14m岸壁に着け、新設のアンローダーやベルトコンベヤーなどが設計通りに機能するかをチェック。供用時期を決める判断材料とする。

 荷役設備関係の整備・運営を担う釧路西港開発埠頭(本社・釧路市、鈴木信社長)によると、この船は載貨重量トン数7万4823㌧のSAMATAN号(マルタ船籍)。米国・ワシントン州のカラマ港でトウモロコシ5万7000㌧を積み込み、釧路へ直行した。

 28日午前7時過ぎに接岸、同9時半ごろに荷役作業が始まった。4日間で2万6000㌧を降ろし31日には小樽港へ向けて出港する予定だが、降雪による作業中断があったため日程がずれ込む可能性もある。

 昨年11月にはターミナルの完成式が開かれたものの、供用に当たっては船舶を使って新設したアンローダー1基とベルトコンベヤー900mの負荷試運転が必要。内航船による副原料の荷役は実施済みだが、主原料であるトウモロコシを積んだ外航船の荷役は初めて。

 鈴木社長は「供用時期は、今回の結果も踏まえ国や港湾管理者との協議で決まる。それまでに万全の準備を進めたい」と話している。

 


関連キーワード: 港湾 物流 道東

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • 北海道水替事業協同組合
  • イイファス
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌駅前に新タワービル JR北海道が不動産事業を強化
2019年04月10日 (2,141)
ゼネコン18年度受注高 首位の岩田地崎、初の500億円台
2019年05月08日 (1,985)
再開発きっかけに病院の移転改築増加 札幌市内
2019年05月15日 (1,765)
新幹線札樽トンネル、今秋から立坑掘削 札幌で工事開始
2019年04月22日 (1,629)
札幌駅南口北4西3再開発 23日に準備組合設立
2019年05月17日 (1,506)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第160回は「熱中症予防」。水が体に 吸収されるには時間がかかります。喉 が乾く前に水分補給を。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。