配送システム実証開始へ 室蘭市で水素製造所が完成

2019年02月03日 12時00分

 大成建設、室蘭市を含む7者が実施する、建物や街区への水素利用普及を目指した低圧水素配送システム実証事業の開所式が1月30日、室蘭プリンスホテルで開かれた。関係者約70人が水素利用が普及する社会の構築を見据え、テープカットとともに事業拠点の完成を祝った。

 環境省が推進する地域連携・低炭素水素技術実証事業として採択。大成建設、室蘭市、日本製鋼所、九州大、ガス等製造販売の巴商会、室蘭工大、北弘電社で構成する共同事業者が事業を担う。

 事業内容は、水素製造から貯蔵、輸送、利用の全てにおいて低圧で使いやすい水素の利用を実験する。具体的には、室蘭市祝津地区に位置する、市が保有する風力発電所の電力を用いて水素を製造し、これを絵鞆町内にあるむろらん温泉ゆららに提供する。

 事業期間を2018―19年度の2カ年とし、18年度は実証のための設備整備を実施。このほど祝津地区に水素製造所が完成し、開所式にこぎ着けた。

テープカットを通し、低炭素社会の構築に向けて決意を固めた

 冒頭あいさつでは、青山剛室蘭市長が「室蘭では過去から、石炭、石油、バイオマスとエネルギー源の変遷に合わせて対応してきた経緯がある」と地域の特色を述べつつ、「今回の実証事業を通して水素利用が全道、全国、世界に普及してほしい」と願った。

 この後、来賓あいさつや事業説明に続き、テープカットで実証事業の成功を誓い合った。


関連キーワード: エネルギー

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • オノデラ
  • 北海道水替事業協同組合
  • 川崎建設

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

19年度から札幌市内の工事が本格化 北海道新幹線整備
2019年01月23日 (5,072)
北海道局長に和泉氏 開発局長は水島事業振興部長 国交省
2018年07月24日 (3,406)
北4西18に複合施設 カレスサッポロが10月着工
2019年01月21日 (2,732)
道東道夕張―十勝清水間の4車線化へ道などが緊急要望
2019年01月25日 (2,498)
サッポロテイセンボウルなど跡地に商業施設検討
2019年01月31日 (2,017)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第153回は「夢」。一日の記憶を整理 整頓して、脳の疲労を解消する役割を 持っています。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。